1. HOME
  2. 学部・学科
  3. 作業療法学科
  4. 学科からのお知らせ

論文掲載 学術誌作業療法

 外川佑准教授と新潟医療福祉大学作業療法学科助教:本間健太氏らの研究グループによる論文が学術誌作業療法に掲載されました.
 本研究では,回復期リハビリテーション病棟に入院している脳卒中後うつ症状を有する患者において,ADOCで計測した意味のある作業の満足度が自己効力感を媒介し,うつ症状を軽減するかどうかを調査しました.媒介分析を用いて、72名の対象者の入院時と退院時の間における,うつ症状,意味のある作業への満足度,自己効力感のスコアの変化量の関係を分析した結果,意味のある作業の満足度は,自己効力感を媒介することなく,抑うつ症状に有意な直接効果を示しました(β = -2.5, 95%CI[-4.2, -0.86], p = 0.004).この結果から,意味のある作業への満足度は,回復期病棟におけるPSDの軽減に寄与する可能性が示唆されました.
本間健太、外川 佑、穂満稔里:回復期リハビリテーション病棟脳卒中患者における,抑うつ症状と意味のある作業の満足度,自己効力感との関連.作業療法.42(2), p460-468, 2023.


イブニングセミナー開催のお知らせ

ご入学おめでとうございます!

論文掲載 学術誌作業療法

コロラド州立大学学生との交流

学術誌「作業療法」奨励賞 受賞

論文掲載 学術誌作業療法

コロラド州立大学との国際交流

事例報告掲載のお知らせ

作業療法学系同窓会「ちとせ会」からのお知らせ

藤井教授らの書籍「リハベーシック 生物学・生体防御学」が刊行されました

論文掲載 The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine

作業療法学系同窓会「ちとせ会」講演会・総会開催報告

第57回日本作業療法学会で発表&表彰

総合実習Ⅰ発表会

令和5年度卒業研究発表会

書籍刊行のお知らせ

コロラド研修実施報告

ご入学おめでとうございます

コロラド研修報告会

地域の方を対象にスマホ講座・体力測定会を開催しました

Twitter YouTube