大学院

パーソナルツール
ホーム > 大学院 > 研究科長挨拶

研究科長挨拶

 

 

佐竹真次研究科長画像

 

研究科長 佐竹 真次

 
 皆様こんにちは。
 山形県立保健医療大学は、2017年(平成29年)4月から博士後期課程(3年課程)を開設し、博士前期課程(修士課程)とともに、一貫した大学院教育を行うことになりました。
 本学博士後期課程の教育目標は、第一に、地域包括ケアや多職種連携で変化しつつある保健・医療・福祉のリーダーを育成します。第二に、地域課題を踏まえて保健・医療・福祉に関する教育や研究を自律的にリードできる専門職を育成します。第三に、新たなケアやリハビリテーションサービスを研究・開発できる高度専門職あるいは研究者を育成します。これらの教育目標に基づき、本学の大学院生は、看護学、理学療法学、作業療法学の立場から「新たな知」の発見と創造と公表を目指します。
 本学大学院は、この目標に向かって看護学、理学療法学、作業療法学の各分野の連携をこれまで以上に強化し、これらの領域を統合した保健医療学という1つの専攻における専門的かつ包括的な教育研究の実施を特色とするとともに、学士との一貫性のために3分野の学位を授与します。博士前期課程修了時には、修士(看護学)、修士(理学療法学)、修士(作業療法学)のうちの1つの学位が取得できます。そして、博士後期課程修了時には、博士(看護学)、博士(理学療法学)、博士(作業療法学)のうちの1つの学位が取得できます。特記すべきは、博士(理学療法学)と博士(作業療法学)の学位取得が可能な大学院は、国内においても稀有な存在であるということです。
 現在、大学院教育の充実とともに、本学大学院生の研究活動が活発になっております。その成果は、国際誌への原著論文公表や各種学術大会での学術発表として現れております。そして、私たち教職員は、これら大学院生を物心両面から一丸となって支援する所存です。本学大学院の研究成果が、山形県民をはじめ、日本国民や世界の人びとの期待に対応できる医療界のリーダー育成につながることと確信致しております。
 この案内をご覧の皆様は、是非とも本学大学院の魅力を感じ取って頂き、本学教員に問い合わせてみていただきたいと思います。