学科・学部

パーソナルツール
ホーム > 学科・学部 > 看護学科 > カリキュラム紹介

カリキュラム紹介

教育理念

 人間尊重の理念に基づき、高度化・多様化する社会の変化に対し、看護の役割と責務を自覚し、人間、健康、環境の視点から、生活している人間に対する看護を系統的・包括的に探究し、主体的に学ぶ人材を育成することを目的としています。

 

カリキュラム

 各科目を学年進行とともに体系的に学べるように配置しているので、自分の趣味や進路等を踏まえて計画的に履修できます。
看護学科では、基礎看護学、成人看護学、老年看護学、精神看護学、地域看護学、母性看護学、小児看護学の領域に分けて、系統立てて学習できるようにし、これらの学習の後に、ゼミナールと看護特論を配置しています。
 臨地実習は、病院や施設、保健所、市町村、訪問看護ステーションなどで行い、対象者の健康回復や健康の維持増進のために必要な知識や看護援助方法を、実践を通して学びます。
 助産師を目指す学生(選択制)のために、3年次から助産選択科目を開講しています。