学科・学部

パーソナルツール
ホーム > 学科・学部 > 看護学科 > カリキュラム・ポリシー、ディプロマ・ポリシー

カリキュラム・ポリシー、ディプロマ・ポリシー

カリキュラム・ポリシー

看護学科カリキュラム・ポリシー
(教育課程編成・実施の方針)
 
看護学科ディプロマ・ポリシーに基づき、以下のようなカリキュラム編成とする。
 
1.多様な知識、多様な文化や価値観を理解するため、「人間の理解」「生命科学・健康の理解」「社会・環境の理解」「文化・コミュニケーションの理解」から構成する総合基礎教育科目を設置する。
2.専門科目の基盤として必要な人体や病態を理解する科目と、社会福祉制度の原則を理解する科目を、専門基礎科目に設置する。
3.看護を実践するための基本となる能力、看護ケアの展開能力、看護実践の中で研鑽する能力を修得する科目を設置する。それを効果的に修得するために概論、方法論と実習を配置する。
4.保健師教育、助産師教育はいずれかの選択制とする。看護師、保健師、助産師それぞれの専門性と、相互の連携協働に関する必修科目を2年次に、保健師選択または助産師選択科目を3年次以降に配置する。
5.学生の主体的な学習時間を確保するため、内容の統合を図る。
 
   PDFダウンロード          カリキュラムマップ
 

ディプロマ・ポリシー

看護学科ディプロマ・ポリシー
(学位授与方針)
 
 看護学科の教育理念に基づき、所定の単位を修得し、次の能力を身につけた学生に学士(看護学)の学位を授与する。
 
1.人間の尊厳を理解し、倫理観に基づき責任ある行動ができる。
2.多様な知識と看護に求められる専門的技能を修得し、看護活動に取り組める能力を身につけている。
3.医療チームの一員としての役割を果たすために必要なコミュニケーション能力を身につけている。
4.知的好奇心をもって、問題をみつけ、考え、解決に向けて継続的に学習する能力を身につけている。
5.多様な文化と価値観を理解し、国際的な視野から、健康問題を捉える能力を身につけている。
6.地域の保健医療の水準の向上に貢献できる基礎的能力を身につけている。