学科・学部

パーソナルツール
ホーム > 学科・学部 > 理学療法学科

理学療法学科

Introduction

人と出逢い、人を支え、そして人から学ぶ

 理学療法士は「人が好き」であることが原点です。人は、情報社会の中で多様な価値観を持ち、それぞれの人生を歩んでいます。理学療法士も、それぞれの固有の生き方、願いを知り、自己実現の喜びをともに分かち合える医療従事者であることが求められています。そして、他職種とのチーム医療を進める中で、多くの学びを経験することができます。 

理学療法学科

 

個性を認識すること、
そして個々の願いに応えること。

 

 いま理学療法士が活躍する分野は、医療をはじめ広く保健・福祉、スポーツの領域にまで拡大されています。また、急速な高齢者人口の増加は、同時にさまざまな障がいやリスクを持つ人の増加を意味しています。健康長寿の社会を達成するためにもリハビリテーション医療を担う専門職として、理学療法士の必要性はますます高まってきています。

 本学科は、このような幅広いニーズに適切に対応できる高度な知識と技術に精通した専門職を育成することを理念としています。また、豊かな人間性と科学的な思考力、倫理的判断力と専門技術力を備えた人材育成を目指しています。さらには、早期からの臨床教育と研究への取り組み、コロラド大学との交流事業、第一線で活躍する専門家を招聘した講義、三次元動作解析装置を始め充実した設備環境と、一人ひとりに目が届く指導体制により、幅広い視野を持ち、実戦力に優れた、真に社会に貢献できる理学療法士を育成します。
卒業時には学士の学位と理学療法士の国家試験受験資格が得られます。
 

 

卒業後の資格

卒業時に学士の学位と理学療法士の国家試験受験資格が得られます。

卒業後の進路

病院などの医療機関、身体障害者・肢体不自由児等福祉施設、老人福祉施設、特別養護老人ホーム、デイサービスセンター、訪問看護ステーションなどで活躍しており、さらに今後は健康増進やスポーツなどの分野への進出も期待されています。