大学院

パーソナルツール
ホーム > 大学院 > 研究科からのお知らせ > 研究科からのお知らせ

研究科からのお知らせ

 

研究論文の掲載 2021/11/4

 本学博士後期課程に在籍している工藤大輔さん(筆頭著者)と順天堂大学の山口智史先任准教授(本学客員准教授)の研究グループによる研究成果が国際学術雑誌Brain Stimulation(IF: 8.955,2020)にオンライン掲載(proof version)されました。
 
 近年、非侵襲的に脳活動を変調することができる経頭蓋電気刺激法がリハビリテーションを促進する手法として注目されています。しかし、画一的な刺激設定による効果検証がなされており、効果の個人差が生じることから、最適な刺激設定の確立が臨床応用への課題となっています。
 本研究では、対象者個別の生体信号として、脳と脊髄の同期的神経活動(脳波と筋電図コヒーレンス)の同期周波数に着目し、脳活動の律動性と興奮性を同時に変調できる律動的経頭蓋直流電気刺激(otDCS)の刺激周波数に応用するという、個別性を考慮した刺激設定を考案し、神経活動に与える影響について健常者で検討しました。
 結果、個別の生体信号を刺激周波数に使用したotDCSにより、脳と脊髄の同期的神経活動および脳の興奮性を増大させることが明らかとなりました。
 この脳と脊髄の同期的神経活動および脳の興奮性の増大は、運動機能の改善や運動学習の促進に重要な役割を担っていることが知られています。したがって、今回提案した個別の生体信号を刺激周波数に使用したotDCSは、リハビリテーションの効果を促進する可能性があると考えられます。今後、疾患例で検証を行っていきたいと考えています。
  
Daisuke Kudo, Tadaki Koseki, Natsuki Katagiri, Kaito Yoshida, Keita Takano, Masafumi Jin, Mitsuhiro Nito, Shigeo Tanabe, Tomofumi Yamaguchi
 
 
Brain Stimulation [in press]
 

研究論文の掲載 2021/10/21

  本学博士後期課程に在籍している小関忠樹さんが筆頭著者の国際学術論文がBMC Neuroscience (IF : 2.811, 2020)に掲載されました。本論文は、順天堂大学 山口智史先任准教授(本学 客員准教授)研究室のメンバーで協力して実施した研究です。
 
 末梢神経電気刺激は、中枢神経疾患後の運動機能や痙縮を改善することが知られています。しかしながら、効果的な刺激設定(特に刺激周波数)は十分に解明されていません。
 今回、運動調節能力との関連が知られている一次運動野と脊髄前角細胞群の神経活動の同期性を評価できる脳波-筋電図コヒーレンス(CMC)の周波数活動に着目し、各個人が持つ生体信号に基づいた電気刺激治療を提案し、その効果を健常者で検証しました。
 実験では、各個人のCMCの周波数を介入前に確認後、その周波数を末梢神経電気刺激の周波数設定に応用し、20分間の介入を実施しました。
 その結果、各個人のCMCを刺激周波数に設定した末梢神経電気刺激の介入前後では、CMCや皮質脊髄路興奮性、運動調節能力は有意に変化しませんでした。しかし、刺激後のCMCの変化と皮質脊髄路興奮性の変化、CMCの変化と運動調節能力の変動との間に相関関係があることが明らかになりました。これは、刺激による神経活動の同期性の変化が運動調節能力の変化に影響することを意味しています。
 本研究の結果は、末梢神経電気刺激の刺激パラメータを対象者個別に合わせることが、神経活動や運動制御を改善するために効果的であることを示唆する重要な基礎的知見です。
 
Tadaki Koseki, Daisuke Kudo, Natsuki Katagiri, Shigehiro Nanba, Mitsuhiro Nito, Shigeo Tanabe, Tomofumi Yamaguchi.
Electrical stimulation of the common peroneal nerve and its effects on the relationship between corticomuscular coherence and motor control in healthy adults. BMC Neurosci (2021). https://doi.org/10.1186/s12868-021-00665-w  
 

研究論文の掲載 2021/10/7

昨年度、本学大学院博士後期課程を修了した佐々木千波さんの論文が日本老年精神医学会の英文誌に掲載されました。

著者名:Chinami SASAKI, Kayoko YOKOI, Hiroto TAKAHASHI, Tomoyuki HATAKEYAMA, Koji OBARA, Chizu WADA, Kazumi HIRAYAMA
タイトル:Visual illusions in Parkinson’s disease: an interview survey of symptomatology
雑誌名:Psychogeriatrics
 

研究論文の掲載 2021/9/9 

本学大学院理学療法学分野博士前期課程 星川恭賛さんの論文が国際学術誌に掲載されました。

著者名:Kyosuke Hoshikawa, Takuma Yuri, Nariyuki Mura, Hugo Giambini, Yoshiro Kiyoshige
タイトル:Coordination of the Sub-Regions of the Supraspinatus and Deltoid Muscles During Shoulder Scaption: a Shear Wave Elastography Study
雑誌名:Muscle, Ligaments and Tendons Journal 2021;11(3)
 

研究論文の掲載 2021/8/26

昨年度、本学大学院博士前期課程を修了した野上千尋さんの論文が日本内科学会の英文誌に掲載されました。

著者名:Chihiro Nogami, Keisuke Hanada, Kayoko Yokoi, Tatsuya Nakanowatari, Kosuke Tasa, Kazutaka Sakamoto, Yuki Saito, Sunao Takemura and Kazumi Hirayama
タイトル:A Patient with a Unilateral Insular Lesion Showing Bilaterally Reduced Perception of Noxious Stimulation
雑誌名:Internal Medicine

  

研究論文の受理 2021/5/20 

本学大学院理学療法学分野博士前期課程 星川恭賛さんの論文が国際学術誌に受理されました。

著者名:Kyosuke Hoshikawa, Takuma Yuri, Nariyuki Mura, Hugo Giambini, Yoshiro Kiyoshige
タイトル:Coordination of the sub-regions of the supraspinatus and deltoid muscles during shoulder scaption: A shear wave elastography study
雑誌名:Muscle, Ligaments and Tendons Journal
 

研究論文の掲載 2021/3/22

本学大学院博士後期課程修了生の由利拓真氏の2論文が国際学術誌に掲載されました。

 

著者名: Takuma Yuri, Nariyuki Mura, Kyosuke Hoshikawa, Hugo Giambini, Hiromi Fujii, Yoshiro Kiyoshige

タイトル:Elastographic region of interest determination for muscle with fat infiltration

雑誌名:Clinical Intervention in Aging

  

著者名: Takuma Yuri · Jose H. Trevino III · Taku Hatta · Yoshiro Kiyoshige · Philip M. Jacobs · Hugo Giambini

タイトル:Stiffness of the infraspinatus and the teres minor muscles during shoulder external rotation: An in-vitro and in-vivo shear wave elastography study

雑誌名:Clinical Biomechanics

 

論文公開 2021/3/3

本学大学院修了者の大津創氏の論文がオンライン公開されました。

著者:Hajime Ohtsu, Ryusuke Togashi, Mina Hiramuki, Shinya Yoshida, Tadayoshi Minamisawa, Hideto Kanzaki
掲載誌:Gait & Posture
タイトル:How does wearing slippers affect the movement strategy while crossing over an obstacle?
下記のリンクで2021年4月21日まで,フリーアクセス可能です.
論文概要:
 スリッパの着用は年齢に関わらず,障害物横断時のつまずきリスクを高める可能性があります.これは,スリッパが足から外れやすく障害物への接触リスクが高くなる可能性があるためです.しかし,スリッパの着用が障害物横断時の動作戦略にどのように影響するかは明らかにされていませんでした.そこで,本研究では若年健常者30名の障害物の横断動作を三次元動作解析装置を使って調査しました.障害物横断は裸足とスリッパ着用の2条件で行いました.
 結果,スリッパ着用条件において,足関節を背屈させることにより,つま先と障害物の距離を大きくとる戦略を採用することが明らかになりました.また,歩行速度を低下させることにより,バランスを保持しようとする戦略を採用することが明らかになりました.これらの保守的な戦略は,スリッパが足から外れやすいことが原因である可能性が高いです.また,つまずきを防ぐための安全策であると考えられるため,つまずきリスクの観点からもスリッパは適切な履物ではない可能性があります.
 この研究の結果は,高齢者などバランス障害のある方にとって,どのような靴が適切なのかを調査する際,大きく役立つと考えられます.
 

論文受理 2021/2/24

2020年3月に本学大学院博士前期課程 理学療法学分野を修了した大津創氏の論文が、国際学術誌に受理されました。
受理日:2021年2月21日
著者:Hajime Ohtsu, Ryusuke Togashi, Mina Hiramuki, Shinya Yoshida, Tadayoshi Minamisawa, Hideto Kanzaki
掲載誌:Gait & Posture
 
 

論文受理 2021/2/18

本学大学院(修士課程)修了者の三村明子(旧姓平清水)さんの論文Face recognition deficits in autism spectrum disorder are present in both central and peripheral vision(著者 Meiko Mimura, Nanami Satake, Hiromi Fujii, Shinji Satake)が、発達障害関係の国際専門誌Journal on Developmental Disabilities122日付で受理されました。
 

研究論文の掲載 2021/1/26

本学理学療法学科4年の星川恭賛さんの論文がSurgical and Radiologic Anatomyに公開されました。
Shoulder scaption is dependent on the behavior of the different partitions of the infraspinatus muscle.
Kyosuke Hoshikawa, Takuma Yuri, Hugo Giambini & Yoshiro Kiyoshige (2021).


論文受理 2021/1/5

本学大学院博士後期課程の由利拓真さんの指導で、本学学部生の星川恭賛さん(理学療法学科)が行った研究が国際学術誌に受理されました。

著者名:Kyosuke Hoshikawa, Takuma Yuri, Hugo Giambini, Yoshiro Kiyoshige
タイトル:Shoulder scaption is dependent on the behavior of the different partitions of the infraspinatus muscle
雑誌名:Surgical and Radiologic Anatomy
 

論文受理 2020/12/17

本学博士後期課程に在籍する金澤聡さんの、本学博士前期課程での修士論文、Conscious hemiasomatognosia with no somatosensory disturbance other than a unique problem in tactile localization: a case report.が、日本内科学会の英文誌、Internal Medicineに受理されました。
 

研究論文の掲載 2020/11/16

 昨年度、本学大学院博士前期課程を修了した片桐夏樹さんが筆頭著者の国際学術論文がFrontiers in Neuroscience (IF: 3.707、2019)に掲載されました。本論文は山口智史准教授(前・本学所属)研究室と非侵襲的脳刺激法のシータバースト刺激(TBS)の開発者であるChang Gung Memorial HospitalのDr. Ying-Zu Huangとの国際共同研究です。
 
  TBSは、頭蓋上からの短時間の磁気刺激により上肢一次運動野の脳活動を変調することが知られており、中枢神経疾患後の上肢運動機能回復を促進する手法として注目されています。一方、下肢一次運動野へTBSを適用し、その効果を検討した報告はほとんどありませんでした。そこで本研究では、TBSを下肢一次運動野へ適用し、刺激前後の脳活動変化を健常者48名で検証しました。
 結果、TBSは下肢一次運動野においても脳活動を変調できること、この効果の持続時間やその刺激に対する反応性が個人によって異なることを明らかにしました。さらにこれらのTBSの効果は、介入前の一次運動野に存在する抑制性経路(皮質内抑制)および促通性経路(皮質内促通)の興奮性と関連していることを明らかにしました。
 本研究の結果は、TBSが上肢のみならず、下肢においても臨床応用できる可能性を示す重要な基礎的知見です。
 
Natsuki Katagiri, Shinya Yoshida, Tadaki Koseki, Daisuke Kudo, Shigehiro Namba, Shigeo Tanabe, Ying-Zu Huang, Tomofumi Yamaguchi.
 
Interindividual Variability of Lower-Limb Motor Cortical Plasticity Induced by Theta Burst Stimulation. Front. Neurosci. (2020). https://doi.org/10.3389/fnins.2020.563293


研究助成の採択 2020/11/14

 本学の大学院博士後期課程に在学中の小関忠樹さんと山口智史客員准教授の研究が令和2年度の日本物理療法学会研究助成に採択されました。
 
 研究課題名:神経筋電気刺激と経皮的脊髄直流電気刺激の複合効果の検証
 
 研究課題は、四肢に電気刺激を行う神経筋電気刺激(NMES)と経皮的脊髄直流電気刺激(tsDCS)の複合効果と作用機序を明らかにすることを目的としています。本研究からエビデンスの高い物理療法の提供、新たな物理療法機器の開発に貢献するために、検証を進めていきます。
 

研究論文の掲載 2020/11/2

 令和元年度に本学大学院博士前期課程を修了した片桐夏樹さんが筆頭著者の国際学術論文がThe Cerebellum(IF:3.129、2019)に掲載されました。理学療法学科卒業生(16期性)の川上紗輝さんと奥山佐祐理さんの卒業研究として、山口智史准教授(前・本学所属)研究室のメンバーで協力して実施した研究です。
 
 近年、頭蓋上から非侵襲的に脳活動を変調する経頭蓋直流電気刺激(tDCS)は、新しいリハビリテーション手法の1つとして臨床応用が期待されています。本研究では、このtDCSを小脳へ適応し、その後の姿勢制御学習に及ぼす影響や効果メカニズムを健常者において検討しました。
 その結果、小脳に対する陽極tDCSは小脳から一次運動野への抑制経路(小脳抑制)の活動を増加させ、反対に陰極tDCSは減少させることが明らかとなりました。しかし、陽極および陰極のどちらのtDCSにおいても、偽刺激群と比較して、姿勢制御学習を阻害することが示されました。さらに、陽極tDCSによる小脳抑制の変化と姿勢制御学習の達成率に相関があることが明らかとなりました。
本研究ではtDCSが健常者の姿勢制御学習に対し、ネガティブな効果を与えたという結果でした。一方で、易転倒高齢者や中枢神経疾患の方に対する効果は、異なる結果になる可能性があるため、今後さらに検証を進めていく必要があります。
 
一般的に研究論文は、ポジティブな効果を報告するものが多く、ネガティブな結果は論文になりにくい(出版バイアス、publication bias)という課題があります。そのような課題があるなか、本論文はtDCSを臨床応用していくうえで重要な知見を提供しています。
 
Natsuki Katagiri, Saki Kawakami, Sayuri Okuyama, Tadaki Koseki, Daisuke Kudo, Shigehiro Namba, Shigeo Tanabe, Tomofumi Yamaguchi.
Single-Session Cerebellar Transcranial Direct Current Stimulation Affects Postural Control Learning and Cerebellar Brain Inhibition in Healthy Individuals. Cerebellum (2020).
https://doi.org/10.1007/s12311-020-01208-5
 

研究論文の掲載 2020/10/29

 本学博士前期課程修了生(平成30年度修了)本間恵美子さんの在学中の以下の研究論文が原著論文として電子ジャーナルで公開されました。
本間恵美子,遠藤恵子:学童期の上の子と生後3~4か月の子どもがいる母親の育児体験.日本母性看護学会誌,21(1),1-9,2020
 
 

論文掲載 2020/10/15

 大学院博士後期課程3年の佐藤大輔さんらの2論文が専門雑誌に掲載されました。
 
1 佐藤大輔,安保寛明:復職支援プログラム実施医療機関における休職者による自己評価の取得とその活用.
  日本精神衛生学会「こころの健康」,35(1),62-71,2020
 
2 佐藤大輔,安保寛明:うつ病等で休職に至る警告サインの明確化.
  日本精神保健看護学会誌,29(1),42-50,2020
 

論文受理 2020/10/2

 本学博士後期課程修了生(令和元年度)花田恵介氏[博士(作業療法学)]らの、在籍中に行った研究をまとめた論文、‟Numbsense of shape, texture, and objects after left parietal infarction: a case report”が、The British Psychological Society発行のJournal of Neuropsychology誌に受理されましたのでお知らせします。
論文名:"Numbsense of shape, texture, and objects after left parietal infarction: a case report"
著者:Keisuke Hanada; Kayoko Yokoi; Akinori Futamura; Yuji Kinoshita; Kazutaka Sakamoto; Kenjiro Ono; Kazumi Hirayama 
 

論文公開 2020/8/4

 本学大学院保健医療学研究科 作業療法学分野 博士後期課程1年生 高畑未樹さんの論文 “Effects of maneuver of hair-washing motion and gender on oxygen uptake and ventilation in healthy people(洗髪動作における呼吸負荷には男女差がある)” が、英国科学誌Scientific Reportsに掲載され、8月4日(火)18:00に公開されました。
<関連ファイル>
 プレスリリース資料
 
 

論文受理 2020/5/22

 本学大学院保健医療学研究科博士後期課程(作業療法学分野)1年生 高畑未樹さんたちの論文 “Effects of laundry-hanging motion on oxygen uptake and ventilation in healthy young women” (Miki Takahata, Masao Ishizawa, Takuya Inamura, Michiyasu Yamaki, Toshiaki Sato)が、Comparative Exercise Physiology誌に受理されましたのでお知らせします。
 
 

論文成果の受理 2020/3/17

 本学大学院保健医療学研究科博士前期課程(作業療法学分野)1年生の加藤緩奈さんたちの研究成果がStructure and Function受理されました。
Kanna Kato, Naoko Matuda, Miki Takahata, Toshiaki Sato: Difference in measurement methods of masseter muscle function in healthy young adults; occlusal force meter and ultrasound imaging systems, Structure and Function in press.
 

論文掲載(Journal of NeuroEngineering and Rehabilitation誌)2020/2/21

 本学教員の山口智史准教授(筆頭著者)と浜松医科大学の田中悟志准教授の研究グループによる国際学術論文がJournal of NeuroEngineering and Rehabilitation(IF:3.582)に掲載されました。
 経頭蓋直流電気刺激(tDCS)は、新しいリハビリテーション手法の1つとして臨床応用されることが期待されています。しかし、近年では、その効果には個人差やバラつきがあることが指摘されています。本研究では、tDCSの効果を促進するために、身体への“注意”に着目し、陽極tDCSと身体への注意が皮質興奮性と運動学習に及ぼす影響を健常者で検討しました。
その結果、上肢運動皮質への陽極tDCSと身体への注意の組み合わせにより、皮質脊髄路の興奮性が高まり、運動学習に関与する皮質内抑制の脱抑制を促しました。さらに、大脳皮質の変化のみならず、運動学習を向上させることを示しました。本手法が脳卒中後の上肢機能に与える影響については、先行研究で検討していますが、今後は症例数を増やし、その効果の検証が必要です。
 
Tomofumi Yamaguchi, Kouhei Moriya, Shigeo Tanabe, Kunitsugu Kondo, Yohei Otaka, Satoshi Tanaka.
Transcranial direct-current stimulation combined with attention increases cortical excitability and improves motor learning in healthy volunteers.
Journal of NeuroEngineering and Rehabilitation 17: 23 (2020).
 

 研究成果の発表 2020/2/18

 本学大学院保健医療学研究科博士後期課程作業療法学分野2年生の由利拓真(テキサス大学留学中)さんたちが研究成果をOrthopaedic Research Society 2020 annual meetingで発表しました。
Takuma Yuri; Nariyuki Mura; Tomohiro Uno; Ryuta Oishi; Tadashi Koseki; Kyosuke Hoshikawa; Hiromi Fujii; Hugo Giambini; Yoshiro Kiyoshige “Influence Of Fat Infiltration, Tear Size, And Post-operative Tendon Integrity On Contractility Of Repaired Supraspinatus Muscle” Orthopaedic Research Society 2020 annual meeting, Phoenix, AR, USA, February 8-11, 2020.
Takuma Yuri; Nariyuki Mura; Tomohiro Uno; Ryuta Oishi; Tadashi Koseki; Hiromi Fujii; Yoshiro Kiyoshige “Elastographic Region Of Interest Determination For The Atrophied And Fatty Degenerated Muscle” Orthopaedic Research Society 2020 annual meeting, Phoenix, AR, USA, February 8-11, 2020.
 Takuma Yuri; Hiroto Kobayashi; Yuta Takano; Saori Yoshida; Akira Naito; Hiromi Fujii; Yoshiro Kiyoshige “Capsular Attachment Of Subregions Of Rotator Cuff Muscles” Orthopaedic Research Society 2020 annual meeting, Phoenix, AR, USA, February 8-11, 2020.
  

研究論文公開 2020/2/10

   本学大学院保健医療学研究科博士前期課程(理学療法学分野)2年生の大津創さんたちの研究論文がオンライン公開されました。興味のある方はご一読ください。
雑誌:Journal of Biomechanics
タイトル: Does the balance strategy during walking in elderly persons show an association with fall risk assessment?(タイトルに軽微な変更があります)
著者:Hajime Ohtsu, Shinya Yoshida, Tadayoshi Minamisawa, Natsuki Katagiri, Tomofumi Yamaguchi, Toshiaki Takahashi, Shin-ichi Yomogida, Hideto Kanzaki
 2020年2月10日 研究科長 藤井浩美
 
 本学大学院保健医療学研究科博士前期課程(理学療法学分野)2年生の大津創さんたちの研究論文”Does the balance strategy during walking in elderly persons show an association with factors related to falling?”がJournal of Biomechanicsに受理されました。
  

研究論文公開 2019/10/1 

 本学大学院保健医療学研究科博士後期課程(作業療法学分野)2年生の坂本和貴さんたちの研究論文「Delusions Without Hallucinations After Midbrain Infarction」がオンライン公開されました!興味のある方は、ご一読ください。https://doi.org/10.1176/appi.neuropsych.19040097
  

研究論文公開 2019/8/28

 本学大学院保健医療学研究科博士前期課程(理学療法学分野)2年生の大津創さんたちの研究論文がオンライン公開されました。興味のある方は、ご一読ください。
Hajime Ohtsu, Shinya Yoshida, Tadayoshi Minamisawa, Toshiaki Takahashi, Shin-ichi Yomogida, Hideto Kanzaki,Investigation of balance strategy over gait cycle based on margin of stability. Journal of Biomechanics, doi.org/10.1016/j.jbiomech.2019.109319 


研究成果の受理 2019/8/18

 本学大学院保健医療学研究科博士前期課程(理学療法学分野)2年生の大津創さんたちの研究論文”Investigation of balance strategy over gait cycle based on margin of stability”がJournal of Biomechanicsに受理されました。
 


研究成果の受理 2019/8/1

  大学院博士後期課程2年生の坂本和貴さん(作業療法学分野)たちの研究成果が、Journal of Neuropsychiatry and Clinical Neurosciencesに”Delusions without Hallucinations after Midbrain Infarction: a Case Report”のタイトルで受理されました。
 


研究論文の公開 2019/7/31

 本学大学院保健医療学研究科博士後期課程(作業療法学分野)2年生の由利拓真さんたちの研究論文がオンライン公開されました。興味のある方は、ご一読ください。
Takuma YuriEmail, Hiroto Kobayashi, Yuta Takano, Saori Yoshida, Akira Naito, Hiromi Fujii, Yoshiro Kiyoshige; Capsular attachment of the subregions of rotator cuff muscles, Surgical and Radiologic Anatomy.
 


研究論文の受理 2019/7/4

  本学大学院保健医療学研究科博士後期課程(作業療法学分野)2年生の由利拓真さんたちの研究論文"Capsular attachment of the subregions of rotator cuff muscles"がSurgical and Radiologic Anatomyに受理されました。