学科・学部

パーソナルツール

中野渡 達哉

氏名中野渡 達哉
所属・職位理学療法学科・講師
学位

博士(障害科学)

E-Mailtnakanowatari@
(@以下にyachts.ac.jpを加えてください)
nakanowatari
専門分野

・運動器疾患理学療法学

・理学療法評価学

研究テーマ
・人工股関節置換術後の脚長差とその理学療法に関する研究
・インソール型荷重計を用いた下肢運動器系理学療法に関する研究
・超音波診断装置を用いた運動器系理学療法に関する研究
担当科目

専門科目

臨床機能解剖学,運動学Ⅰ,運動学演習,理学療法検査技術学,理学療法検査技術学実習,理学療法評価学,運動療法学,物理療法学演習,運動障がい理学療法学Ⅰ・Ⅱ, 地域リハビリテーション学,生体計測学,理学療法卒業研究,臨床実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ

教育上の能力に関する事項

非常勤講師

・東北大学大学院医学系研究科肢体不自由学分野(平成26年度~)

・山形県立山辺高等学校非常勤講師(平成25年~)

・仙台リハビリテーション専門学校 非常勤講師(平成23年)

外部講師

・介護支援専門員実務研修・更新研修・再研修(平成29年~)

 「ケアマネジメントの展開ー筋骨格系疾患と廃用症候群に関する事例ー」

・山形県立保健医療大学公開講座(平成27年12月)

 「股関節と脚長差のリハビリテーション」

・山形県理学療法士会 生涯学習部研修会(平成26・27・28年)

・宮城県理学療法士会 生涯学習研修会(平成23・24年)

職務上の実績に関する事項

1.学歴

 平成16年3月 山形県立保健医療大学保健医療学部 

理学療法学科 卒業

 平成23年3月 東北大学大学院医学系研究科障害科学専攻

肢体不自由学分野 博士課程前期修了

 平成26年3月 東北大学大学院医学系研究科障害科学専攻

肢体不自由学分野 博士課程後期修了

2.職歴

 平成16年4月 医療法人松田会松田病院 リハビリテーション科

 平成24年3月 学校法人日本コンピュータ学園

東北保健医療専門学校 理学療法科 専任教員

 平成25年4月 山形県立保健医療大学保健医療学部

理学療法学科 助教

 平成30年4月        同          講師

3.資格,免許

 平成16年 理学療法士免許取得

 平成19年 認定理学療法士(介護予防)

 平成24年 認定理学療法士(運動器)

 平成29年 専門理学療法士(運動器)

4.社会活動

公益社団法人 日本理学療法士協会 

 平成22~24年度 代議員(宮城県)

 平成27年度~  第52回日本理学療法学術大会準備委員

 平成29年度~  「理学療法学」査読委員

 平成29年度~  「東北理学療法学」査読委員

一般社団法人 山形県理学療法士会

   平成27年度~  事務局事務部長

5.所属学会 

  1.  公益社団法人 日本理学療法士協会
  2.  一般社団法人 山形県理学療法士会

6.研究助成

  1. 令和2-5年度
    科学研究費助成(若手研究)
    「リアルタイム・荷重フィードバックが下肢人工関節置換後の歩行能力に及ぼす効果の検証」(研究代表者)
  2. 平成30-31年度
    科学研究費助成(若手研究)
    「超音波エラストグラフィを用いた人工股関節後の機能的脚長差の発生・治療機序の解明」(研究代表者)
  3. 平成29年
    山形県ヘルスサポート協会研究助成
    「人工股関節置換術後の機能的脚長差発生メカニズムの解明」(研究代表者)
  4. 平成23年度
    東北大学スターター研究助成
    「人工股関節置換術後の機能的脚長差に対する運動療法および装具療法の効果」(研究代表者)

7.授賞

  1. 第8回理学療法学・Physical Therapy Research誌掲載論文 優秀賞(平成29年5月)
主な研究業績

1.著書

  1. 人工股関節全置換術後の理学療法. 編集:対馬栄輝, 担当:分担執筆, 範囲:中野渡達哉, ADL・生活関連動作の評価.文光堂, 2020年10月.

2.学術論文

(国際誌)

  1. Minamisawa T, Chiba N, Inoue K, Nakanowatari T, Suzuki E. Analysis of Vertical Micro Acceleration while Standing Reveals Age-related CHanges. Geriatrics 5, 2020. 
  2. Takahashi T, Nagase T, Akatsuka S, Nakanowatari T, Ohtsu H, Yoshida S, Makabe H, Ihashi K, Kanzaki H. Effects of restriction of forefoot rocker functions by immobilization of metarsohapangeal joints on kinematics and kenetics during walking. Foot, 2020. 

  3. Nakanowatari T, Koseki T, Sato T, Kanzaki H, Kiyoshige Y. Evaluation of the Activities of the Medial and Lateral Heads of Quadratus Plantae in Flexion Movements of the Lateral Four Toes using Ultrasound Real-time Tissue Elastography. The Foot 36: 25-29, 2018. 

  4. Nakanowatari T , Suzukamo Y, Izumi SI. The effectiveness of Specific Exercise Approach or Modifiable Heel lift in the Treatment of Functional Leg Length Discrepancy in Early Post-surgery Inpatients after Total Hip Arthroplasty: A Randomized Controlled Trial with a PROBE design. Physical Therapy Research 19: 39-49, 2016.

  5. Nakanowatari T , Suzukamo Y, Suga T, Okii A, Fujii G, Izumi SI. True or Apparent Leg Length Discrepancy: Which Is a Better Predictor of Short-term Functional Outcomes After Total Hip Arthroplasty? J Geriatr Phys Ther 36: 169-174, 2013.

(国内誌)

  1. Nakanowatari T. Introduction of the Neurodynamic Examination and Treatment Learned through the International Study Visit in the University of Colorado Physical Therapy Program. 山形保健医療研究 24: 17-24, 2021.
  2. 清野大地, 中野渡達哉, 今川英俊, 野呂篤司, 伊藤健太郎, 濱田壮志: 短外旋筋共同腱温存法導入による術後管理の変化が人工骨頭置換術後患者のリハビリテーションの経過に及ぼす影響 -従来法と比較して-. Hip Joint 45(2): S190-S193, 2020.
  3. 中野渡達哉,加藤浩: 股関節の機能解剖学的特性からみた理学療法実践. 理学療法 37(3): 209-225, 2020
  4. 加藤直也,中野渡達哉,中川響子,奥山哲平,坂井一哉,大泉龍太郎: 大腿骨近位部骨折術後急性期患者における基本動作能力と日常生活活動能力の関連性.東北理学療法学(30): 6-12,2018.
  5. 菊地雅行,中野渡達哉,渡邉好孝:回復期リハビリテーション病棟における在院日数長期化に関連する要因の検討.東北理学療法学29: 97-101,2017.
  6. 中野渡達哉, 鈴鴨よしみ, 神先秀人, 沖井明, 菅俊光, 出江紳一: 人工股関節置換術後の機能的脚長差が健康関連QOLに及ぼす影響 -パス解析を用いた障害構造モデルの検討-. 理学療法学(43): 30-37, 2016
  7. 沖井明, 鈴鴨よしみ, 中野渡達哉, 菅俊光: 下肢人工関節置換術後の転倒関連自己効力感は術後のQOLに関連する. The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine 52(1): 55-62, 2015.
  8. 横山寛子, 中野渡達哉, 阿部綾香, 高橋宏彰, 永峯悠, 齊藤聡久, 鴫原竜司, 佐藤友梨花, 矢作拓也, 鎌田宏之, 渡邉好孝: 人工股関節全置換術後早期における実用的歩行機能に関連する身体機能的因子について -股関節可動域と疼痛に着目して-. 東北理学療法学(26): 118-123, 2014.
  9. 中野渡達哉, 鈴鴨よしみ, 菅俊光, 沖井明, 藤井玄二, 出江紳一: 人工股関節置換術後の自覚的脚長差とQOLおよび他覚的脚長差との関連性. 日本人工関節学会誌42: 57-58, 2012.
  10. 中野渡達哉, 大浦徹男, 小野秀俊, 藤井玄二: 片側人工股関節全置換術後患者における非対称性下肢荷重と荷重移動の関連性-術側と非術側の荷重率差の観点から-. 東北理学療法学21: 7-12, 2009.
  11. 大浦徹男, 中野渡達哉, 小野秀俊, 藤井玄二: 脚長差が生じた人工股関節全置換術後患者における下肢荷重バランスについて―補高前後の下肢荷重バランスの検討*―. 東北理学療法学20: 56-60, 2008.

3.学会発表

(海外)

  1. Nakanowatari T, Sasaki R, Yamaguchi T, Nagase T, Kanzaki H, Kiyoshige Y. The Effects of Artificial Functional Leg Length Discrepancy on Tensor Fasciae Latae Stiffness: An Ultrasound Shear Wave Elastography Study. WCPT Congress 2019. 
  2. Nakanowatari T, Koseki T, Sato T, Kanzaki H, Kiyoshige Y. The activity of quadratus plantae in toe flexion movements using ultrasound real-time tissue elastography. 2nd WCSPT 2017.
  3. Suga T, Okii A, Nakanowatari T, Fukase Y, Arai S, Suzukamo Y. The Psychological Influence of the East Japan Eathquake on Patients with Total Hip Arthroplasty. 2015 APA Annual Convention.
  4. Nakanowatari T , Suzukamo Y, Izumi SI. Specific exercises and heel lift improve functional leg  length discrepancy after total hip arthroplasty: randomized controlled trial. WCPT Congress 2015.   
  5. Suzukamo Y, Wu L, Okii A, Nakanowatari T, Izumi SI, Suga T: The influence of social interaction to life space in the patients after total hip arthroplasty. AOCPRM, 2014.

(全国)

 

  1. 今川英俊, 中野渡達哉, 川田知美, 奥山哲平, 高野良彰, 清野大地, 中川響子, 野呂篤司, 伊藤健太郎, 浜田壮志: 大腿骨頚部骨折に対する短外旋筋共同腱温存人工骨頭置換術が基本動作に及ぼす影響. 第46回日本股関節学会学術集会, 2019.

  2. 清野大地, 中野渡達哉, 今川英俊, 川田知美, 奥山哲平, 高野良彰, 中川響子, 野呂篤司, 伊藤健太郎, 浜田壮志: 短外旋筋共同腱温存人工骨頭置換術における日常生活動作と歩行能力<従来法との比較>. 第46回日本股関節学会学術集会, 2019.

  3. 神先秀人,南澤忠儀,中野渡達哉,永瀬外希子,高橋俊章:身体活動による股関節への負荷.第43回日本股関節学会学術集会,2017.
  4. 中野渡達哉,鈴鴨よしみ,沖井明,菅俊光:人工股関節置換術後の転倒関連自己効力感と主観的脚長差が影響を及ぼすのはどの機能的アウトカムか?第53回日本リハビリテーション医学会学術集会,2016.
  5. 菅俊光,沖井明,中野渡達哉,深瀬裕子,鈴鴨よしみ: 療法士への転倒関連自己効力感拡大に関する教育が療法士に与える満足感について. 第52回日本リハビリテーション医学会学術集会, 2015. 
  6. 中野渡達哉, 鈴鴨よしみ, 高橋宏彰, 永峯悠, 阿部綾香, 齊藤聡久, 横山寛子, 鴫原竜司, 佐藤友梨花, 鎌田宏之, 出江紳一: 人工股関節全置換術後の機能的脚長差に対する運動療法または補高装具の効果 -無作為化比較試験-. 第49回日本理学療法学術大会, 2014.
  7. 菅俊光, 沖井明, 鈴鴨よしみ, 中野渡達哉: 下肢人工関節置換患者において療法士に対しておこなった転倒関連自己効力感に関する教育の効果について. 第51回日本リハビリテーション医学会学術集会, 2014.
  8. 沖井明, 鈴鴨よしみ, 荒井佐和子, 中野渡達哉, 菅俊光: 転倒関連自己効力感は人工股関節置換術(THA)のMinimally Inportant Difference(MID)に関連する. 第51回日本リハビリテーション医学会学術集会, 2014.
  9. 菅俊光, 沖井明, 中野渡達哉, 鈴鴨よしみ: 療法士への認知行動療法的教育が人工関節置換術患者の経過に与えた影響―第2報 施設間での比較―. The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine 50(suppl):2013.
  10. 沖井 明,菅俊光,中野渡 達哉, 鈴鴨よしみ: 療法士への認知行動療法の教育が人工関節置換術患者の経過に与えた影響―第1報 自己効力感の拡大―. The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine 50(suppl):2013.
  11. 中野渡達哉, 鈴鴨よしみ, 菅俊光, 沖井明, 大浦徹男, 佐々木彩華, 高橋宏彰, 菅原雄也, 渡邉好孝, 出江紳一: 人工股関節置換術後の機能的脚長差と自覚的脚長差およびQOLとの関連性. 理学療法学(0289-3770)39巻Suppl.2 Page0911(2012.04).
  12. 中野渡達哉, 鈴鴨よしみ, 菅俊光, 沖井明, 藤井玄二, 出江紳一: 人工股関節置換術後の自覚的脚長差とQOLおよび他覚的脚長差との関連性. 第42回日本人工関節学会, 2012.
  13. 沖井明, 鈴鴨よしみ, 中野渡達哉,菅俊光: 転倒関連自己効力感は初回片側人工股関節置換患者の術後の活動範囲やQOLに影響する. 第42回日本人工関節学会, 2012.
  14. 出江紳一, 中野渡達哉, 鈴鴨よしみ, 沖井明, 菅俊光: 人工股関節置換術後の脚長差の種類が歩行能力とQuality of lifeに及ぼす影響. The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine 48(suppl): 5416-5416, 2011.
  15. 沖井明, 鈴鴨よしみ, 中野渡達哉, 菅俊光: 転倒関連自己効力感は下肢人工関節置換患者の術後の行動範囲やQOLに影響する. The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine 48(suppl): 5391-5391, 2011.
  16. 中野渡達哉, 鈴鴨よしみ, 大浦徹男, 佐々木彩華, 高橋宏彰, 沖井明, 菅俊光, 出江紳一: 人工股関節全置換術後の脚長差がアウトカムに及ぼす影響 退院1ヵ月後の歩行・バランス能力. 理学療法学38巻Suppl.2: PI2-225, 2011.
  17. 中野渡達哉, 小野秀俊, 大浦徹男, 藤井玄二: 人工股関節置換術後患者の側方荷重移動における下肢荷重検査と姿勢解析-健常女性との比較-. 理学療法学 35(suppl-2.2): 708-708, 2008.
  18. 中野渡達哉, 大浦徹男, 藤井玄二, 中村泰裕: 股関節疾患患者における下肢荷重検査ー患健差と年齢差との関係ー. 第33回日本股関節学会学術集会, 2006.
  19. 若居佐恵子, 工藤尚哉, 半澤宏美, 三河史恵, 大西敬子, 上村太一, 坪田朋子, 櫻井いずみ, 中野渡達哉, 吉澤礼子, 本川亮, 村上恵子, 小宮英生, 土川光弘, 小野秀俊: 総合型地域スポーツクラブにおける介護予防事業の展開の可能性を探る. 理学療法学33(suppl-2.2): 542-542, 2006.

(地方)

  1. 遠藤健介,中野渡達哉,石井政次,清重佳郎: 超音波診断装置を用いた膝関節裂隙距離の測定 -足底板挿入時の下肢アライメント変化の観点から-: 第30回日本整形外科超音波学会, 2018.
  2. 小関忠樹,中野渡達哉,佐藤拓哉,神先秀人,石井政次,清重佳郎: 足趾屈曲運動と足底方形筋の収縮動態との関連性 -超音波エラストグラフィを用いた検討-: 第30回日本整形外科超音波学会,2018.
  3. 加藤直也,中野渡達哉,中川響子,奥山哲平,坂井一哉,大泉龍太郎,齊藤元太:大腿骨近位部骨折術後急性期患者における基本動作能力と日常生活動作能力の関連性ーAbility of Basic Movement Scale Ⅱ(ABMSⅡ)を用いてー.第35回東北理学療法学術大会,2017.
  4. 中野渡達哉,神先秀人,後藤順子,佐藤寿晃,髙橋俊章,赤塚清矢,横井香代子,永瀬外希子,今野浩之,小川真紀子,柳本信一,伊藤京子:運動機能からみた広域集客型商業施設におけるやまがた健康づくりステーション事業の効果.第43回山形県公衆衛生学会,2017.
  5. 赤塚清矢,後藤順子,神先秀人,佐藤寿晃,髙橋俊章,横井香代子,永瀬外希子,中野渡達哉,今野浩之,小川真紀子,柳本信一,伊藤京子:3ヶ月間のやまがた健康づくりステーション事業による体組成および血清脂質の変化.第43回山形県公衆衛生学会,2017.
  6. 佐藤寿晃,後藤順子,神先秀人,髙橋俊章,赤塚清矢,横井香代子,永瀬外希子,中野渡達哉,今野浩之,小川真紀子,柳本信一,伊藤京子:やまがた健康づくりステーション事業による3ヶ月間の主観的健康観と運動を継続する自信度の変化.第43回山形県公衆衛生学会,2017.
  7. 菊地雅行, 中野渡達哉, 渡邉好孝: 回復期リハビリテーション病棟における在院日数の長期化に関連する要因の検討. 第33回東北理学療法学術大会, 2015.
  8. 中野渡達哉, 鈴鴨よしみ, 菅俊光, 沖井明, 神先秀人, 高橋宏彰, 佐々木彩華, 出江紳一: 人工股関節置換術後の脚長差が健康関連QOLに及ぼす影響 -パス解析による障害構造モデルの検討-. 第32回東北理学療法学術大会, 2014.
  9. 金子亮太郎, 中野渡達哉, 渡邉好孝: 簡易身体機能検査項目の検討ー介護予防通所リハビリテーション要支援者の変化についてー. 第18回宮城県理学療法学術大会,2014.
  10. 鴫原竜司, 中野渡達哉, 高橋宏彰, 永峯悠, 阿部綾香, 齋藤聡久, 横山寛子, 渡邉好孝: 人工股関節置換術後の機能的脚長差を計測するためのBlock testの妥当性の検討ーテープメジャーとX線学的指標との関連性ー. 第18回宮城県理学療法学術大会, 2014.
  11. 横山寛子, 中野渡達哉, 阿部綾香, 高橋宏彰, 永峯悠, 齋藤聡久, 鴫原竜司, 佐藤友梨花, 矢作拓也, 鎌田宏之, 渡邉好孝: 人工股関節置換術後早期における機能的移動能力に関連する身体機能的因子についてー股関節可動域と疼痛に着目してー. 第31回東北理学療法学術大会, 2013.
  12. 齊藤聡久, 中野渡達哉, 大浦徹男, 佐々木彩華, 高橋宏彰, 渡邉好孝: 人工股関節置換術後に残存する自覚的脚長差の予測時期ー時間的変化からの検討ー. 第16回宮城県理学療法学術大会, 2012.
  13. 高橋宏彰, 中野渡達哉, 大浦徹男, 佐々木彩華, 山口福菜, 菅原雄也, 三浦愛子, 小野秀俊: 人工股関節全置換術後の主観的脚長差と客観的脚長差の関連性. 第15回宮城県理学療法学術大会, 2011.学会新人賞受賞)
  14. 中野渡達哉, 鈴鴨よしみ, 小野秀俊, 大浦徹男, 佐々木彩華, 高橋宏彰, 藤井玄二, 出江紳一: THA後退院時における機能的脚長差と移動能力の関連性. 第28回東北理学療法学術大会, 2010.
  15. 吉木孝行, 高橋利幸, 中野渡達哉, 坂下咲希恵, 小野秀俊: 視覚的垂直認知の傾斜がみられた脳梗塞後の一例. 第28回東北理学療法学術大会, 2010.
  16. 佐々木彩華, 柴田美希, 中野渡達哉, 小野秀俊, 中村泰裕: 人工股関節全置換術前のアライメントと術後2週アウトカムとの関連性ーX線学的評価に着目してー. 第27回東北理学療法学術大会, 2009.
  17. 村上里美, 中野渡達哉, 吉田望, 小野秀俊: 腰椎手術後の予後調査ー臥床期間との関連性に着目してー. 第13回宮城県理学療法士学会, 2008.
  18. 中野渡達哉, 大浦徹男, 小野秀俊, 藤井玄二: 人工股関節全置換術後患者における下肢荷重差の検討ー一側下肢への荷重移動時の荷重差との関連性ー. 第26回東北理学療法学術大会, 2008.
  19. 渡邊美香, 三浦恵, 中野渡達哉, 木皿恭子, 小野秀俊: 介護老人保健施設入所者における移動手段が認知機能に及ぼす影響ーADLにて歩行実施群と非実施群との比較ー. 第26回東北理学療法学術大会, 2008.
  20. 金子亮太郎, 中野渡達哉, 小野秀俊: 誤嚥性肺炎患者の移動能力と栄養摂取形態との関連性. 第12回宮城県理学療法士学会, 2007.
  21. 大浦徹男, 中野渡達哉, 小野秀俊, 藤井玄二: 脚長差が生じた人工股関節全置換術後患者における下肢荷重バランスについてー補高前後の下肢荷重バランスの検討ー. 第25回東北理学療法士学会, 2007.
  22. 中野渡達哉, 渡邉敦由, 渡邉好孝, 吉田望, 大西敬子, 元持幸子, 鈴木久美子, 吉澤礼子: 運動器疾患を持つ通所リハビリテーション利用者に対する筋力トレーニングの効果ー10ヶ月継続後の骨格筋量と動作性ー. 第10回宮城県理学療法士学会, 2005.
  23. 中野渡達哉, 渡邉敦由, 渡邉好孝, 大西敬子, 鈴木久美子, 佐野佑佳子: 高齢者筋力トレーニングの効果―動作性の改善と骨格筋量の関係―. 東日本整形災害外科学会雑誌 16(3): 535-535, 2004.