パーソナルツール
ホーム > 看護実践研究センター > リカレント教育

リカレント教育

 リカレント(recurrent)教育とは、社会人が職業上の新たな知識・技術を習得するために、また日常生活において教養や人間性を高めるために必要とする高度で専門的な教育を生涯にわたり繰り返し学習することを意味します。

本事業では、小規模病院等の看護職が地元の医療福祉の担い手としてその役割を再確認し、発展的な看護実践力の向上を図ることを目的とした「小規模病院等看護ブラッシュアッププログラム」(以下、ブラッシュアッププログラム)を実施します。

ブラッシュアッププログラムでは、小規模病院等の看護職が受講しやすいように、ICTを最大限活用した教育を展開します。また、修了者にはフォローアップ研修を行い、ブラッシュアッププログラムの企画・修正にも活かしていきます。

 リカレント教育に関するお問い合わせ・お申込みなど、詳しくは看護実践研究センターまでご連絡ください。

小規模病院等看護ブラッシュアッププログラム カリキュラム
科目名単元名
【看護の動向と課題】看護の動向と課題Ⅰ
看護の動向と課題Ⅱ
【根拠に基づく看護】看護過程
フィジカルアセスメント
高齢者の看護
認知症の看護
褥瘡ケアの看護
緩和ケアの看護
糖尿病の看護
摂食・嚥下の看護
リハビリテーションの看護
災害の看護
急変時の看護
【地域密着連携】地域医療連携
連携のためのスキル
地域医療の実際
地域連携事例検討
【看護研究の基礎】看護研究の進め方
質的・記述的研究
量的研究
研究計画の作成と発表のルール

の付いている科目は、インターネット(ICT)での受講が可能です。 

 本プログラムの講義・演習の様子や、受講生の感想
◆平成27年度  ◆平成28年度  ◆平成29年度   平成30年度

 

【フォローアップ研修】
・指導力スキルアップ研修 ・看護研究ステップアップ研修 ・地元医療連携ステップアップ研修

研修の様子や研修生の感想
◆平成28年度 ◆平成29年度