大学院

パーソナルツール
ホーム > 大学院 > 研究指導教員

研究指導教員

看護学分野

   領域                            氏  名                            研究分野の概要                   主な研究指導テーマ
基礎・地域看護学領域
菅原京子教授
行政機関における地域看護活動(公衆衛生看護活動)について、住民の保健ニーズを反映するヘルスケアシステム構築の観点から研究する。
・さまざまな健康レベルにある住民の保健ニーズに関する研究
・保健師の地区活動における地域看護診断に関する研究
・アカウンタビリティを果たす活動評価に関する研究
・地方分権下における保健福祉サービスの提供体制と住民参加に関する研究
・保健師に関する法制度史研究
後藤順子教授
公衆衛生看護活動における人材育成や在宅療養者の支援及び、地域在住高齢者に対する介護予防活動に関する研究を行う。
・行政機関等に勤務する保健師の人材育成に関する研究
・地域で生活する在宅療養者への支援活動と多職種連携に関する研究
・地域在住高齢者に対する介護予防活動に関する研究
・元気な高齢者に焦点をあてたまちづくりに関する研究
沼澤さとみ教授
看護基礎教育における教育の方法論、看護実践について必要な概念や理論の視点から研究する。
・看護技術教育における教育方法の検討
・看護実践能力の向上に関する研究
・看護師教育(キャリア、継続教育など)に関する研究
南雲美代子准教授
日常生活活動援助において、現在の看護基礎教育で教授されている方法と人の自然な動きに焦点をあてた方法とを比較研究する。
・キネステティクス概念を活用した日常生活援助技術に関する研究(椅子の深座り援助、食事の援助等)
寺島美紀子准教授
主に病院の看護管理全般について、研究する。
・看護管理に関する研究
・看護職の継続教育(院内教育)に関する研究
鈴木育子准教授
地域住民の生活を支援する看護活動について、主に行政保健師や訪問看護事業所からの訪問看護の視点で研究する。
・在宅療養児・者とその家族への援助に関する研究
・訪問看護に関する研究
 
応用看護学領域
家庭、社会環境の変化や医療の進歩に伴う女性および母子の健康の維持促進に関する問題や援助方法について研究する。
 
・不妊カップルに関する心理社会的課題や援助に関する研究
・思春期の性的な健康問題に関する研究
・知的障がいをもつ子どもの性教育に関する研究
・地域における母子の健康支援に関する研究
慢性疾患とともにある人々の生活の再構築を支援する看護援助、および、食看護学に関する研究を行う。
・生活の再構築支援のための看護モデル、援助プログラムの開発
・糖尿病とともにある人々への看護援助
・食に関する看護援助(食事療法、栄養不良、摂食・嚥下障害、ジェンダー・文化的検討)
・成人期にある人々の健康教育・学習に関する研究
・自らの終末を迎える準備に関する研究
高齢者にとってのよりよい看護を探求するために、地域や施設、病院で生活する高齢者の理解および看護のあり方について研究する。
・定年退職後の高齢男性の社会活動に関する研究
・高齢者終末期ケアにおける看取りに関する研究
・高齢者の健康とQOLに関するテーマ全般
精神健康の増進および心理社会的危機からの回復を促進する援助について研究する。
・心理社会的危機を経験した人の回復を促進する援助と機会に関する研究
・精神科における地域移行と地域定着を促進するシステムおよび人材育成に関する研究 (主にデイケアとアウトリーチ(訪問支援)における協働を取り扱う)
・離休職者の職業リハビリテーションと予防システムに関する研究
・精神保健リテラシーの向上および社会的知性の獲得を活性化するプログラムに関する研究
妊娠期から育児期における女性とその家族への看護援助に関する研究を行う。
・ハイリスク妊産褥婦の援助に関する研究
・妊娠期の保健指導に関する研究
・分娩期の助産ケアに関する研究

 

理学療法学分野

           領域                                      氏  名     研究分野の概要
                                                                                                               主な研究指導テーマ                         
基礎理学療法学領域
 
 

非線形解析手法など種々な解析手法を用いて、脳・神経系疾患や高齢者の機能障がいを解析し、効果的な理学療法と評価法を探求する。
 

・中枢性運動麻痺の回復過程の定量化に関する研究
・生体の非線形ダイナミクス(歩行、バランス、心拍など)に関する研究
・筋電図、筋音図を用いた筋疲労と筋収縮特性に関する研究
・地域高齢者の運動機能と介護予防に関する研究
運動機能障がいを身体アライメント,筋出力系,感覚入力系から解析し,効果的な理学療法を探求する。
 ・上肢機能障がいの評価方法・治療効果に関する研究
・体幹と下肢関節の運動連鎖に関する研究
・肩こり・腰痛予防の運動療法に関する研究
様々な疾患や障害の原因を細胞レベル・遺伝子レベルで解析し、治療のための方法論を構築する。
・循環機能に影響を与える生理活性物質についての研究
・生理活性物質による細胞機能調節機序についての研究
・生活習慣病の発症に関与する因子の解析とその発症予防に関する研究
 臨床理学療法学領域
 
 
 
理学療法に関連する種々の動作や運動障がいを対象にした運動学および力学的研究を行う。
・下肢関節疾患の理学療法に関する研究
・歩行をはじめとする動作の運動学、運動力学的分析
・高齢者の介護予防、転倒予防に関する研究
・下肢装具や足底板の効果に関する研究
運動障がいの原因の探求と画像解析・診断法を研究する。
・学生実習用献体を用いた解剖学的変異と病態の研究
・画像(MRI・CT・超音波)による病態解析研究
・超音波elastographyを用いた筋subregionの機能解析研究
小児をはじめ中枢神経系障がいを対象に、各種測定により姿勢・運動を解析し、効果的な理学療法手技を研究する。また、現在の社会保障制度と現状のリハビリテーション需給の分析から、効率的リハビリテーション提供体制について検討する。
・小児理学療法の手技及び効果に関する研究
・中枢神経系障がい者のバランスに関する研究
・中枢神経系障がい者のポジショニングに関する研究
・リハビリテーション提供体制に関する研究
山口智史准教授電気生理学的評価法や行動変容を評価手段として、中枢神経障がい後のリハビリテーション手法の開発と効果を研究する。・電気刺激療法や非侵襲的脳刺激法に関する研究
・運動療法や装具療法の効果に関する研究
・中枢神経可塑性および運動学習に関する研究
・経頭蓋磁気刺激や誘発筋電図を用いた研究

 

 作業療法学分野

           領域                                      氏  名     研究分野の概要
                                                                                                               主な研究指導テーマ                         
臨床作業療法学領域
運動器疾患者や高齢者を対象に、日常生活活動を様々な測定手法を用いて運動機能を解析する。その解析結果を基に作業療法の実効性を検証する。
・ヒト上肢運動機構における機能解剖学的および神経生理学的研究
・運動器疾患者における運動機能評価および治療効果に関する研究
・高齢者の介護予防に関する研究
個体、作業課題、環境の三側面から日常生活活動を解析する。そして、生活モデルを構築し、作業療法の実効性を検証する。
・ヒト上肢の機能解剖学・神経生理学的研究
・片麻痺の上肢機能に関する研究
・眼と手の協応に関する研究
・日常生活の作業活動解析に関する研究
神経心理学(高次脳機能障がい学)一般。特に、局所脳損傷や変性疾患による視覚認知障がい、視覚と行為の協調の障がいの機序やリハビリテーションの研究を行う。
・神経心理学(高次脳機能障がい学)的研究一般。特に、視覚認知障がい、視覚と行為の協調の障がい、同名性視野欠損に伴う探索や読みの障がいに関する研究
心臓機能障がい、呼吸機能障がい患者の機能評価について運動生理学的、電気生理学的手法を用いて検討を行い、発生しうる致死的事象を予知し、その予防策を探求する。また心拍変動から自律神経活動を評価することで、障がい患者の生活の質の改善を図る方策を研究する。
・致死性循環器疾患の予知・予防に関する研究
・心肺機能の運動生理学的評価に関する研究
・心肺機能に及ぼす自律神経活動の評価に関する研究
片麻痺の上肢機能の評価・治療・効果判定に関する研究を行う。また、障がい者スポーツ全般に関する研究を行う。
・脳卒中上肢運動機能に関する研究
・障がい者スポーツの社会的認知に関する研究
・障がい者スポーツ選手の競技力向上のための研究
神経心理学的研究手法を用いて脳の機能を解析し、障がいが生じるメカニズムの解明や、健康増進に関する研究を行う。
・認知症に伴って生じる行動・心理症状に関する研究
・パーキンソン病に生じる認知機能障害に関する研究
・地域在住高齢者の介護予防に関する研究
発達作業療法学領域
応用行動分析学と単一症例実験計画法、認知心理学的手法を応用して、療育的、教育的作業療法のモデルを構築し、その実効性を検証する。
・発達障がい児の情動理解、情動表出スキル、表情知覚、社会的スキル、コミュニケーション機能の形成
・発達障がい者の共同注意、視線活用の研究
・学習障がい児の読字・書字促進プログラムの研究
・発達障がい者のパーソナルスペース認知の研究
・教育現場への作業療法的コンサルテーションの研究
重症心身障害児・者における呼吸機能障害の病態・要因を呼吸生理学的に解析する。その解析結果を基に
作業療法の実効性を検証する。また、障害を持つ子どもの福祉用具・家族支援など、生活に資する研究を行う。
・重症心身障害児・者の呼吸生理に関する研究
・重症心身障害児・者の福祉用具に関する研究
・在宅障害児の家族支援に関する研究