学科・学部

パーソナルツール
ホーム > 学科・学部 > 理学療法学科 > 学科長あいさつ

学科長あいさつ

神先先生(理学療法学科長挨拶用)

理学療法学科長 神先 秀人 

社会に貢献できる理学療法士の育成
 

 本学科では,幅広い視野を持ち、真に社会に貢献できる理学療法士を育成することを大きな目標の1つにしています。
 種々の障がいで,苦しい状況に対面している方々に対し,本当に役立つ理学療法士になるのは容易なことではありません。第1に専門的な知識や技術を数多く身に付ける必要があります。第2に対象者一人一人に合わせて,目標設定や治療プログラムの選択・修正を行うための広く大きな視点と柔軟で論理的な思考能力が求められます。第3にリハビリテーションチームとして行動するための協調性や責任感,コミュニケーション能力が必要です。また,絶えず進歩し続ける医学・医療に合わせて自ら学び続ける強い意志が必要です。体力も勿論必要です。これらの能力を獲得して,初めて,一人前の理学療法士になることができると考えます。
 しかし,それだけに,対象の方がより快適な生活・人生を送っていただくことを支援できる生きがいのある仕事です。そして,障がいと向き合う患者さんや周りの方々から多くのことを学ぶことができます。

本学科の特徴
 

 

 本学科の特徴は少人数制による行き届いた学内教育,経験豊富な教員スタッフ陣,臨床実習施設における丁寧で温かい臨床教育です。学びを深めたい方には,大学院で学習や研究を続けることができます。平成29年度には大学院博士課程が設置される予定です。
 また,種々のスポーツや音楽,花笠踊り,ボランティアなどのサークル活動にも多くの学生が参加し,学科を超えた交流が積極的に行われています。
 これらの学びや活動,多くの人との出会いを通して,自らの価値観を培っていただければと願います。学生から社会人へと羽ばたいていく人生で最も輝かしい時期を,豊かな自然環境と教育環境に恵まれた本学において過ごし,人として大きく成長してくださることを願って止みません。
 誠実で人を思いやる心と人のために何か役立ちたいと考える心優しいあなたをお待ちしています。