学科・学部

パーソナルツール
ホーム > 学科・学部 > 作業療法学科 > お知らせ > Visit from Colorado State University in 2015

Visit from Colorado State University in 2015

Evening seminar of Dr. Barbara Hooper, Dept. of Occupational Therapy, Colorado State University was held. The lecture title was "What patterns in education are the same and different in Japanese and U.S. contexts?" Firstly she gave an outline in there being A List of Content, A Hierarchy, A Cornerstone Concept, Threshold Concepts and A Core Subject in five curriculum design. And she taught "Subject-Centered Integrative Learning Model for the Health Sciences."  Questions and answers were very active.   August 20, 2015.

コロラド州立大学作業療法学科のBarbara Hooper先生のイブニングセミナーが開催されました。講演タイトルは、What patterns in education are the same and different in Japanese and U.S. contexts?でした。はじめに、カリキュラムデザインには、A List of Content、A Hierarchy、A Cornerstone Concept、Threshold Concepts、A Core Subjectの5つあることを概説した。そして、彼女が提唱する「Subject-Centered Integrative Learning Model for the Health Sciences」を教授しました。質疑応答は非常に活発でした。 平成27年8月20日

イブニングセミナー3

イブニングセミナー2 Barb Hooper

イブニングセミナー

 

Dr. Barbara Hooper and 8 students of Dept. Occupational Therapy, Colorado State University (CSU) visit our university from August 17 to 21st, 2015. Our international exchange began in 2002. A total of 28 our faculty members and 83 our students visited CSU. And a total of 12 CSU faculty members and 21 students came to Yamagata Prefectural University of Health Sciences.  August 17, 2015.

コロラド州立大学作業療法学科のBarbara Hooper先生と8名の学生が2015年8月17日から21日まで本学を訪れます。私たちの国際交流は2002年から始まりました。これまでに述べ28名の本学教員と83名の学生がCSUを訪れました。そして、12名のCSU教員と21名の学生が本学に来ました。平成27年8月17日

校旗



SCU2015-01