学科・学部

パーソナルツール
ホーム > 学科・学部 > 作業療法学科 > お知らせ > 大学院保健医療学研究科作業療法学分野

大学院保健医療学研究科作業療法学分野

  作業療法学分野からのお知らせ 2014年7月7日版

  山形県立保健医療大学大学院保健医療学研究科作業療法学分野の満10年を記念して、「作業療法学分野10年間のあゆみ」を発行しました。

   目 次  PDF

 1. はじめに  PDF

 2. 祝 辞  PDF

 3. 沿 革 PDF

 4. 作業療法学分野の指導教員および研究テーマ  PDF

 5. 教員組織 PDF

 6. 大学院生研究テーマおよび指導教員 PDF

 7. 大学院生および指導教員による研究成果の公表 PDF

   奥 付  PDF

作業療法学分野からのお知らせ 2014年6月27日版

 作業療法学分野を今年3月に修了した鈴木温子さん、高橋由衣さんたちの研究論文 "Visual Axis Analysis during Unassisted Eating and Robot-assisted Eating”がAsian J Occup Therに6月17日付で受理されました。近日、公表されます。おめでとうございます! 

作業療法学科長あいさつ

 

作業療法学分野からのお知らせ 2014年6月24日版

  作業療法学分野大学院1年生の椿野幸子さん、OBOGの藤嶋聖子さん、泉田康志さん、藤倉美雪さん、佐々木俊二さん、中居真紀子さん、井上香さん、鍋谷亮平さん、鈴木温子さん、志村ななみさん、慶徳民夫さん、鈴木由美さん、加福隆樹さん、仁藤充洋さん、木内真美子さん、高橋由衣さん、平清水明子さんが本学大学院指導教授との共同研究成果を第16回世界作業療法士連盟大会・第48回日本作業療法学会合同大会(2014年6月18日~21日;横浜市)で発表しました!
  1. Yasushi Izumida, Kiyoko Fujishima, Miyuki Fujikura, Takaki Kafuku, Hiromi Fujii: Influence that difference of unilateral knee joint flexion angles gives to Sit-to-stand movement, 16th International Congress of the World Federation of Occupational Therapists (Yokohama). 2014. 6.
  2. Kaori Inoue, Hiromi Fujii, Tamio Keitoku, Junko Goto, Kazumi Hirayama: Disorder of color recognition in dementia with Lewy bodies, 16th International Congress of the World Federation of Occupational Therapists (Yokohama). 2014. 6.
  3. Yumiko Konishi, Sachiko Tsubakino, Mitsuhiro Nito, Hiromi Fujii, Toshiaki Sato: Characteristics of sitting balance during reaching in stroke patients with Pusher syndrome using a pressure distribution measuring system, 16th International Congress of the World Federation of Occupational Therapists (Yokohama). 2014. 6.
  4. Shunji Sasaki, Yumi Suzuki, Mitsuhiro Nito, Yuki Kawakatsu, Hiromi Fujii: Contribution between visual axis and upper extremity motion time during eating in the healthy subjects, 16th International Congress of the World Federation of Occupational Therapists (Yokohama). 2014. 6.
  5. Toshiaki Sato, Ryohei Nabeya, Hiromi Fujii: Relations between reach distance and center of pressure distance for multi-directional reach in hemiplegic subjects, 16th International Congress of the World Federation of Occupational Therapists (Yokohama). 2014. 6.
  6. Nanami Shimura, Meiko Hirashimizu, Shinji Satake, Hiromi Fujii, Kazumi Hirayama: Visual axis of individuals with autism spectrum disorder during joint attention task, 16th International Congress of the World Federation of Occupational Therapists (Yokohama). 2014. 6.
  7. Atsuko Suzuki, Yui Takahashi, Mitsuhiro Nito, Katsuhiko Suzuki, Hiromi Fujii: Differences of visual axis and pupil diameter between robotic feeding and selfeating in healthy subjects, 16th International Congress of the World Federation of Occupational Therapists (Yokohama). 2014. 6.
  8. Sachiko Tsubakino, Rei Kondo, Toshiaki Sato, Hiromi Fujii: First-time occupational therapy evaluation factors affecting outcomes in acute stroke patients, 16th International Congress of the World Federation of Occupational Therapists (Yokohama). 2014. 6.
  9. Makiko Nakai, Hiromi Fujii, Kaori Inoue, Mamiko Kinai, Kazumi Hirayama: Double dissociation between fixations to optic flow and fixations to static stimuli, 16th International Congress of the World Federation of Occupational Therapists (Yokohama). 2014. 6.
  10. Ryohei Nabeya, Toshiaki Sato, Hiromi Fujii: Effects of reach distance before and after circular trunk movement assessed using non-paralytic upper limb in hemiplegic subjects, 16th International Congress of the World Federation of Occupational Therapists (Yokohama). 2014. 6.
  11. Hiromi Fujii, Yumi Suzuki, Masahiro Hayashi: Recovery of pinch strength in cervical spondylotic myelopathy patients using bottle cap opening motion, 16th International Congress of the World Federation of Occupational Therapists (Yokohama). 2014. 6.
  12. Miyuki Fujikura, Hiromi Fujii, Takaki Kafuku, Yoko Kimura, Emiko Fukuda: Characteristics of sit-to-stand movement by hemiplegic subjects from a toilet seat using a one-point cane, 16th International Congress of the World Federation of Occupational Therapists (Yokohama). 2014. 6.
  13. Kiyoko Fujishima, Yasushi Izumida, Miyuki Fujikura, Hiromi Fujii: Relation between cane weight distribution and door opening method during door opening by hemiplegic subjects with a one-point cane gait, 16th International Congress of the World Federation of Occupational Therapists (Yokohama). 2014. 6.

作業療法学分野からのお知らせ 2014年6月6日版

 作業療法学分野OBの外川佑さん、藤田貴昭さんが大学院生時代に山形大学大学院医学系研究科形態構造医学分野で内藤輝教授のもと行なった共同研究が”Changes of wrist motion range by changing forearm position in normal men.”の研究論文としてStructure and Functionに2014年6月2日付で受理されました。近日、公表されます。おめでとうございます!

作業療法学分野からのお知らせ 2014年5月24日版

 作業療法学分野歴代大学院生修士論文テーマ並びに指導教員の一覧を公開しました。 

作業療法学分野からのお知らせ 2014年4月24日版

 本学大学院保健医療学研究科作業療法学分野OBの加福隆樹さんたちの研究論文 " Functional significance of a sit-to-stand by hip abduction with external rotation angle."がAsian J Occup Therの電子版に公開されました。おめでとうございます!

  また、OBの外川佑さん、藤田貴昭さんたちの研究論文"Changes of wrist-bending force by changing forearm position in men."がStructure and Function.に2014年4月10日に受理されました。近日、公表されます。こちらもおめでとうございます。

 作業療法学分野大学院生並びにOBOGのこれまでの研究業績

研究論文  

  • 29) Yoko Kimura, Shinji Satake, Hiromi Fujii, Takaki Kafuku, Miyuki Fujikura; Do presentation modality and cognitive load affect standing stability?. Asian J Occup Ther. in press.
  • 28) Atsuko Suzuki, Yui Takahashi, Mitsuhiro Nito, Katsuhiko Suzuki, Hiromi Fujii; Visual Axis Analysis during Unassisted Eating and Robot-assisted Eating. Asian J Occup Ther. in press.
  • 27) Aya Narita, Masaaki Sagae, Katsuhiko Suzuki, Takaaki Fujita, Tasuku Sotokawa, Haruki Nakano, Makoto Naganuma, Toshiaki Sato, Hiromi Fujii, Mitsuhiro Nito, Wataru Hashizume, Toshihiko Ogino, Akira Naito; Strict actions of the human wrist flexors: A study with an electrical neuromuscular stimulation method. J of Electromyogr and Kinesiol. 2015; 25, 689-696.
  • 26) 藤井浩美,高橋輝,佐藤諒平,熊谷梓,椿野幸子,鈴木温子,高橋由衣,清重佳郎,平山和美:健常成人における指腹つまみを用いた圧センサに関する信頼度.山形県作業療法士会誌, 2015; 13 (1): 33-41.
  • 25)Makoto Naganuma, Tasuku Sotokawa, Takaaki Fujita, Toshiaki Sato, Katsuhiko Suzuki, Takao Akiyama, Aya Narita, Haruki Nakano, Hiromi Fujii, Mitsuhiro Nito, Wataru Hashizume, Akira Naito; Changes of wrist motion range by changing forearm position in normal men. Structure and Function. 2014;13: 8-16.
  • 24)Tasuku Sotokawa, Takaaki Fujita, Toshiaki Sato, Katsuhiko Suzuki, Masaaki Sagae, Haruki Nakano,Makoto Naganuma, Aya Narita, Hiromi Fujii, Mitsuhiro Nito, Wataru Hashizume, Akira Naito; Changes of wrist-bending force by changing forearm position in men.Structure and Function. 2014;13: 2-7.
  • 23)藤井浩美,鈴木由美,林雅弘:頸椎症性頸部脊髄症者のつまみ力回復の特徴.山形県作業療法士会誌, 2014; 12 (1): 4-12.
  • 22)鈴木由美,林雅弘,藤井浩美:頸椎症性脊髄症者に対する作業療法-対象者に見られる上肢機能と日常生活活動の関連-.山形県作業療法士会誌,2014; 12 (1): 18-27.
  • 21) Takaki Kafuku, Hiromi Fujii, Yoko Kimura, Miyuki Fujikura, Emiko Fukuda; Functional significance of a sit-to-stand by hip abduction with external rotation angle. Asian J Occup Ther. 2014; 10:1-8.
  • 20) 佐々木俊二, 鈴木由美, 仁藤充洋, 川勝祐貴, 藤井浩美: 健常成人の摂食中の上肢動作に対する視線の関与 -スプーンで摂食するジュース量の違いからの検討-.作業療法, 2013; 32(1): 64-74.
  • 19)Miyuki Fujikura, Hiromi Fujii, Takaki Kafuku Yoko Kimura, Emiko Fukuda; Sit-to-stand from a toilet seat by hemiplegic subjects using a one-point cane. Phys Occup Ther Geriatr 2012; 30: 150-164.
  • 18) 藤嶋聖子,泉田康志,藤倉美雪,藤井浩美:片麻痺者の一点杖歩行における杖加重量とドア開閉動作との関係.シルバーグループ研究論文集,2012;9:65-69.
  • 17) 佐藤良純, 鈴木由美, 藤井浩美, 林 雅弘:頸椎症性脊髄症者のペットボトルキャップ開封能力と手指機能の関連.作業療法ジャーナル,2012;46(4):415-420.
  • 16) 鈴木由美, 藤井浩美, 佐藤良純, 林 雅弘:頸椎症脊髄症者の握力とつまみ力の特性.作業療法ジャーナル, 2011; 45(12): 1479-1484.
  • 15) 鈴木由美, 藤井浩美, 佐藤寿晃, 佐々木俊二, 福田恵美子: 健常成人における摂食動作中の眼と手の協応.作業療法,2011;30(4):422-431.
  • 14) 仁藤充洋, 佐藤寿晃, 八鍬秀美, 井上竜介, 佐々木俊二, 藤井浩美:摂食中の視線、口部および上肢動作の関係.山形県作業療法士会誌,2011;9(1):4-9.
  • 13)Masaki Sagae, Katsuhiko Suzuki, Takaaki Fujita, Tasuku Sotokawa, Haruki Nkano, Makoto Naganuma, Aya Narita, Toshiaki Sato, Hiromi Fujii, Toshihiko Ogino, Akira Naito; Strict actions of the human wrist extensors: A study with an electrical neuromuscular stimulation method. J of Electromyogr and Kinesiol 2010; 20: 1178-1185.
  • 12) 西山小織, 藤倉美雪, 藤井浩美, 福田恵美子 : 定型発達乳幼児の到達運動における体幹と上肢の関連.総合リハビリテーション, 2010;38(8):761-766 .
  • 11) 藤嶋聖子, 泉田康志, 藤倉美雪, 藤井浩美: 片麻痺者の一点杖歩行における麻痺側単脚支持期の杖荷重量に関係する要因の検討.作業療法, 2009:6:669-679.
  • 10) 藤嶋聖子, 須藤瑠美, 鈴木由貴, 二唐東朔, 藤井浩美: 在宅生活者の杖歩行で発生する非麻痺側「上肢痛の要因.作業療法, 2009:5:548-554.
  • 9) 泉田康志, 藤嶋聖子, 藤倉美雪, 木村陽子, 加福隆樹, 佐藤寿晃, 福田恵美子, 藤井浩美: 健常成人における膝関節屈曲角度の違いが立ち上がり動作へ及ぼす影響 -荷重中心点, 足底圧分布および筋電図からの検討-山形保健医療研究. 2009: 12: 59-74.
  • 8) 佐藤健一, 佐竹真次: 健常若年成人の座位における荷重中心点の変動-課題による異なり-山形保健医療研究. 2009: 12: 13-20.
  • 7) 加福隆樹, 泉田康志, 木村陽子, 石井幸美, 藤倉美雪, 福田恵美子, 藤井浩美: 股関節外転外旋位からの立ち上がり動作の筋電図学的解析.総合リハビリテーション. 2008: 36: 483-491.
  • 6) 佐藤寿晃, 鈴木克彦, 藤田貴昭, 外川佑, 寒河江正明, 仲野春樹, 長沼誠, 藤井浩美, 加藤勝彦,, 内藤輝: デジタル動画・波形実時間同期収録装置The Teraviewについて,形態・機能. 2007: 6: 3-9.
  • 5) 藤田貴昭,  外川佑, 佐藤寿晃, 鈴木克彦, 寒河江正明, 仲野春樹, 長沼誠, 藤井浩美, 加藤勝彦, 内藤輝: 手関節に発する力の大きさと方向の自動計測・表示・記録装置の開発,形態・機能. 2007: 6: 11-17.
  • 4) 鈴木由美, 藤井浩美, 佐竹真次, 福田恵美子:片麻痺患者の着衣動作時における視覚的手がかりの関与状況-固視回数・固視時間・固視点・課題達成の有無からの検討.総合リハビリテーション. 2008: 35: 375-384.
  • 3) 加福隆樹, 藤井浩美, 木村陽子, 石井幸美, 藤倉美雪, 福田恵美子:股関節外転外旋位からの立ち上がり動作の解析.総合リハビリテーション. 2007: 35: 711-718.
  • 2) 鈴木由美, 藤井浩美, 齋藤博美, 福田恵美子: 摂食動作時における身体基本軸の同定.山形県作業療法士会雑誌. 2007: 5: 11-16.
  • 1) 鈴木由美, 藤井浩美, 佐竹真次, 佐藤一彦, 福田恵美子: 健常者の着衣動作時における視覚的手がかりの関与状況-固視回数・固視時間・固視点・課題達成の有無からの検討-.総合リハビリテーション. 2006: 34: 1185-1194.

トップへ戻る

 学会発表 

  • 125)  Sachiko Tsubakino, Rei Kondo, Yumiko Nito, Yumi Suzuki & Hiromi Fujii; Relation Between First-Time Occupational Therapy Evaluation and Outcomes for Acute Stroke Patients. 6th Asia-Pacific Occupational Therapy congress (Rotorua, New Zealand). 2015.9.
  • 124) Yumi Suzuki, Masahiro Hayashi & Hiromi Fujii; Examination of Palmar Pinch Strength Using Opening Packet in Cervical Spondylotic Myelopathy Patients. 6th Asia-Pacific Occupational Therapy congress (Rotorua, New Zealand). 2015.9.
  • 123) Toshiaki Sato, Ryohei Nabeya, Hiromi Fujii; Center of pressure trace shape characteristics during trunk movement in hemiplegic subjects. 6th Asia-Pacific Occupational Therapy congress (Rotorua, New Zealand). 2015.9.
  • 122) Nito Yumiko, Sachiko Tsubakino, Hiromi Fujii, Toshiaki Sato; Relation between toilet activity independnce and pressure distribution in acute stroke patients. 6th Asia-Pacific Occupational Therapy congress (Rotorua, New Zealand). 2015.9.
  • 121) 椿野幸子,藤井浩美:初回作業療法評価からみた急性期脳卒中患者の自宅退院に関わる要因.第3回全国作業療法学系大学院ゼミナール. 2015.8.
  • 120) 佐野祐貴子,佐藤寿晃:入浴動作を想定したまたぎ動作に関する研究.第3回全国作業療法学系大学院ゼミナール. 2015.8. 
  • 119)藤嶋聖子, 泉田康志, 藤井浩美:一点杖歩行片麻痺者のドア引き開け動作の臨床的指標.第49回日本作業療法学会(神戸市).2015.6.
  • 118)中居真紀子, 藤井浩美, 井上香, 木内真美子, 平山和美:左半側空間無視患者のオプティック・フローに対する反応.第49回日本作業療法学会(神戸市).2015.6.

  • 117)鈴木由美, 椿野幸子, 藤井浩美:急性期脳梗塞患者の自宅退院のための因子―初回と最終作業療法評価の比較-.第49回日本作業療法学会(神戸市).2015.6.
  • 116)椿野幸子, 小西有美子, 鈴木由美, 藤井浩美:急性期脳卒中患者の自宅退院のための因子―初回作業療法評価からの調査―.第49回日本作業療法学会(神戸市).2015.6.
  • 115)佐藤寿晃、佐野祐貴子、佐藤孝史:前方・側方またぎ時の動作特性.第49回日本作業療法学会.神戸市,2015.06. 
  • 114)小西有美子、椿野幸子、鈴木絵莉、佐藤寿晃.急性期脳卒中者におけるトイレ動作自立度と座圧分布との関係.第49回日本作業療法学会、神戸市、2015.06.
  • 113)佐藤孝史、神先秀人、佐藤寿晃:小型3軸加速度センサを用いた側方またぎ 動作時の支持脚動揺量の変化.第49回日本作業療法学会.神戸市、2015.06.
  • 112)佐藤寿晃、佐野祐貴子、佐藤孝史:ポータブル型3次元動作解析システムを用いたまたぎ動作の特性について.第23回山形県作業療法学会.山形市、2015.05.
  • 111)椿野幸子, 小西有美子, 藤井浩美:作業療法評価からみた急性期脳卒中患者の退院先.第23回山形作業療法学会(山形市).2015.5.
  • 110)藤井浩美,高橋輝,佐藤諒平,髙橋由衣,鈴木温子:触覚センサを用いた母指と示指の指腹つまみ力測定の信頼度.第25回東北作業療法学会(盛岡市).2014.9.
  • 109)椿野 幸子, 小西 有美子, 鈴木 絵莉, 藤井浩美:急性期脳卒中患者の初回バーサルインデックスを指標とした自宅退院に関わる要因.第25回東北作業療法学会(盛岡市).2014.9.
  • 108)髙橋由衣,鈴木温子,仁藤充洋,内田勝雄,藤井浩美:健常成人における摂食動作中の視線の機能的意義.第25回東北作業療法学会(盛岡市).2014.9.
  • 107)鈴木温子,髙橋由衣,藤井浩美:食事支援ロボットおよび介助者による介助摂食時における視線と瞳孔径推移.第25回東北作業療法学会(盛岡市).2014.9.
  • 106)鈴木由美,鈴木温子,高橋由衣,佐々木俊二,藤井浩美:片麻痺者における摂食動作中の臨界視点の特徴.第25回東北作業療法学会(盛岡市).2014.9.
  • 105)椿野幸子,近藤礼,佐藤寿晃,藤井浩美:急性期脳卒中患者の作業療法評価から見た転帰因子.第2回全国作業療法学系大学院ゼミナール(山形市). 2014. 8.

  • 104)佐藤孝史,佐藤 寿晃:健常者における側方またぎ動作時の加速度波形の特徴.第2回全国作業療法学系大学院ゼミナール(山形市). 2014. 8.

  • 103)金子隆生,平山和美:観念運動性失行と行為の意識性の関係.第2回全国作業療法学系大学院ゼミナール(山形市). 2014. 8.

  • 102) Yasushi Izumida, Kiyoko Fujishima, Miyuki Fujikura, Takaki Kafuku, Hiromi Fujii: Influence that difference of unilateral knee joint flexion angles gives to Sit-to-stand movement, 16th International Congress of the World Federation of Occupational Therapists (Yokohama). 2014. 6.

  • 101) Kaori Inoue, Hiromi Fujii, Tamio Keitoku, Junko Goto, Kazumi Hirayama: Disorder of color recognition in dementia with Lewy bodies, 16th International Congress of the World Federation of Occupational Therapists (Yokohama). 2014. 6.
  • 100) Yumiko Konishi, Sachiko Tsubakino, Mitsuhiro Nito, Hiromi Fujii, Toshiaki Sato: Characteristics of sitting balance during reaching in stroke patients with Pusher syndrome using a pressure distribution measuring system, 16th International Congress of the World Federation of Occupational Therapists (Yokohama). 2014. 6.
  • 99) Shunji Sasaki, Yumi Suzuki, Mitsuhiro Nito, Yuki Kawakatsu, Hiromi Fujii: Contribution between visual axis and upper extremity motion time during eating in the healthy subjects, 16th International Congress of the World Federation of Occupational Therapists (Yokohama). 2014. 6.
  • 98) Toshiaki Sato, Ryohei Nabeya, Hiromi Fujii: Relations between reach distance and center of pressure distance for multi-directional reach in hemiplegic subjects, 16th International Congress of the World Federation of Occupational Therapists (Yokohama). 2014. 6.
  • 97) Nanami Shimura, Meiko Hirashimizu, Shinji Satake, Hiromi Fujii, Kazumi Hirayama: Visual axis of individuals with autism spectrum disorder during joint attention task, 16th International Congress of the World Federation of Occupational Therapists (Yokohama). 2014. 6.
  • 96) Atsuko Suzuki, Yui Takahashi, Mitsuhiro Nito, Katsuhiko Suzuki, Hiromi Fujii: Differences of visual axis and pupil diameter between robotic feeding and selfeating in healthy subjects, 16th International Congress of the World Federation of Occupational Therapists (Yokohama). 2014. 6.
  • 95) Sachiko Tsubakino, Rei Kondo, Toshiaki Sato, Hiromi Fujii: First-time occupational therapy evaluation factors affecting outcomes in acute stroke patients, 16th International Congress of the World Federation of Occupational Therapists (Yokohama). 2014. 6.
  • 94) Makiko Nakai, Hiromi Fujii, Kaori Inoue, Mamiko Kinai, Kazumi Hirayama: Double dissociation between fixations to optic flow and fixations to static stimuli, 16th International Congress of the World Federation of Occupational Therapists (Yokohama). 2014. 6.
  • 93) Ryohei Nabeya, Toshiaki Sato, Hiromi Fujii: Effects of reach distance before and after circular trunk movement assessed using non-paralytic upper limb in hemiplegic subjects, 16th International Congress of the World Federation of Occupational Therapists (Yokohama). 2014. 6.
  • 92) Hiromi Fujii, Yumi Suzuki, Masahiro Hayashi: Recovery of pinch strength in cervical spondylotic myelopathy patients using bottle cap opening motion, 16th International Congress of the World Federation of Occupational Therapists (Yokohama). 2014. 6.
  • 91) Miyuki Fujikura, Hiromi Fujii, Takaki Kafuku, Yoko Kimura, Emiko Fukuda: Characteristics of sit-to-stand movement by hemiplegic subjects from a toilet seat using a one-point cane, 16th International Congress of the World Federation of Occupational Therapists (Yokohama). 2014. 6.
  • 90) Kiyoko Fujishima, Yasushi Izumida, Miyuki Fujikura, Hiromi Fujii: Relation between cane weight distribution and door opening method during door opening by hemiplegic subjects with a one-point cane gait, 16th International Congress of the World Federation of Occupational Therapists (Yokohama). 2014. 6.
  • 89) 鈴木由美,藤井浩美,林雅弘:頸椎症性脊髄症者のつまみ力調節能-手指痙縮と巧緻動作との関連-,第22回山形県作業療法学会(東根市).2014.5.
  • 88) 藤井浩美,鈴木由美,林雅弘:頸椎症性脊髄症者のつまみ力回復の特徴,第24回東北作業療法学会(郡山市).2013.9.
  • 87) 鈴木由美,林雅弘,藤井浩美:頸椎症性脊髄症者に対する作業療法-事例から見た上肢機能と日常生活活動の特徴-,第24回東北作業療法学会(郡山市).2013.9.
  • 86) 鈴木温子,高橋由衣,佐藤浩亮,青木友実,藤井浩美:食事支援ロボットおよび自力での摂食動作時における視線の特徴,第24回東北作業療法学会(郡山市).2013.9.
  • 85) 高橋由衣,鈴木温子,青木友実,佐藤浩亮,藤井浩美:食具の違いによる摂食動作中の視線推移,第24回東北作業療法学会(郡山市).2013.9.
  • 84) 志村ななみ,平清水明子,佐竹真次,藤井浩美,平山和美:自閉症スペクトラム障害者の共同注視場面での選択課題における反応時間と固視時間の特徴,第24回東北作業療法学会(郡山市).2013.9.
  • 83) 平清水明子,志村ななみ,佐竹真次,藤井浩美,平山和美:中心視野並びに周辺視野における他者の表情の識別,第24回東北作業療法学会(郡山市).2013.9.
  • 82) 鍋谷亮平,佐藤寿晃,藤井浩美:片麻痺者における体幹描円運動時の荷重中心点軌跡形状の特徴,第24回東北作業療法学会(郡山市).2013.9.
  • 81) 中居真紀子,藤井浩美,井上香,仁藤充洋,平山和美:VIP損傷患者におけるオプティック・フローの認知障害,第47回日本作業療法学会(大阪市).2013.6.
  • 80) 鈴木由美,藤井浩美,林雅弘:頸椎症性脊髄症者における醤油小袋開封,つまみ力および手指痙縮の関係,第47回日本作業療法学会(大阪市).2013.6.
  • 79) 鈴木温子,高橋由衣,佐藤千尋,峯岸あゆみ,藤井浩美:健常者における食事支援ロボットの操作と眼球運動の関係,第47回日本作業療法学会(大阪市).2013.6.
  • 78) 高橋由衣,鈴木温子,佐藤千尋,峯岸あゆみ,藤井浩美:健常者における摂食動作時の視線の役割,第47回日本作業療法学会(大阪市).2013.6.
  • 77) 志村ななみ,平清水明子,藤井浩美,仁藤充洋,佐竹真次:発達性読み書き障害児における視覚刺激に対する固視時間の特徴,第47回日本作業療法学会(大阪市).2013.6.
  • 76) 鍋谷亮平,小林真弓,藤井浩美,佐藤寿晃:片麻痺者における体幹運動前後の非麻痺側上肢前方リーチ距離の比較,第47回日本作業療法学会(大阪市).2013.6.
  • 75) 鈴木由美,藤井浩美,林雅弘:頸椎症性脊髄症者の醤油小袋開封に必要な最小の両手手指筋力,第21回山形県作業療法学会(山形市).2013.5.
  • 74) 鈴木温子,高橋由衣,佐藤千尋,峯岸あゆみ,藤井浩美:食事支援ロボット使用による摂食中の視線と瞳孔径の特徴,第21回山形県作業療法学会(山形市).2013.5.
  • 73) 高橋由衣,鈴木温子,佐藤千尋,峯岸あゆみ,藤井浩美:箸を用いた摂食動作時の視線と瞳孔径の特徴,第21回山形県作業療法学会(山形市).2013.5.
  • 72) 井上香, 平山和美, 下村辰雄, 西尾慶之, 井関一海, 飯塚統, 菅野重範, 森悦朗: レビー小体型認知症の色恒常性障害, 第36回日本神経心理学会学術集会, 2012.
  • 71) 中居真紀子,遠藤佳子,藤井浩美,仁藤充洋,井上香,井上竜介,飯塚統,平山和美:頭頂葉損傷にともなうオプテック・フローの認知障害,第36回日本神経心理学会学術集会(千代田区).2012.9.
  • 70) 鈴木温子, 高橋由衣, 仁藤充洋, 藤井浩美: スプーンを用いた摂食動作の非利き手による視線と上肢動作速度の関連, 第23回東北作業療法学会(山形市).2012.9.
  • 69) 高橋由衣, 鈴木温子, 仁藤充洋, 藤井浩美:箸を用いた摂食動作の非利き手による視線と上肢動作速度の関連,第23回東北作業療法学会(山形市).2012.9.
  • 68) 中居真紀子, 平山和美, 藤井浩美, 佐々木清美: オプテック・フローの認知障害, 第23回東北作業療法学会(山形市).2012.9.
  • 67) 井上香, 佐藤寿晃, 井上竜介, 中居真紀子, 仁藤充洋, 平山和美, 下村辰雄: レビー小体型認知症における色認知障害, 第23回東北作業療法学会(山形市).2012.9.
  • 66) 鍋谷亮平, 佐藤寿晃, 藤井浩美:片麻痺者の端座位での多方向リーチ動作時のリーチ距離と荷重中心点移動距離の特徴,第23回東北作業療法学会(山形市).2012.9.
  • 65) 藤井浩美, 鈴木温子, 高橋由衣, 仁藤充洋, 鈴木由美: 健常者に摂食中における視線と利き手および非利き手動作の比較, 第46回日本作業療法学会(宮崎市), 2012.6.
  • 64) 鍋谷亮平, 小林真弓, 佐藤寿晃: 片麻痺者における体幹運動が座圧分布に及ぼす影響, 第46回日本作業療法学会(宮崎市),  2012.6.
  •  63) 仁藤充洋, 高橋由衣, 鈴木温子, 佐々木俊二, 藤井浩美: スプーンおよび箸による摂食中の視線と利き手動作の関連,第46回日本作業療法学会(宮崎市), 2012.6.
  •  62) 佐々木俊二, 鈴木由美, 仁藤充洋, 佐藤寿晃, 藤井浩美: 摂食中の食べこぼし時における上肢動作と視線の関連,第46回日本作業療法学会(宮崎市), 2012.6.
  • 61) 鈴木由美, 藤井浩美, 林雅弘: 頸椎性症脊髄症者における21 ㎜と53 ㎜距離の母指-示指指腹つまみ力の比較,第46回日本作業療法学会(宮崎市), 2012.6.
  • 60) 藤井浩美, 泉田康志, 藤嶋聖子, 藤倉美雪, 加福隆樹, 福田恵美子: 健常成人の膝関節角度の相違が立ち上がり動作へ及ぼす影響,第20回山形県作業療法学会(酒田市),2012.5.
  • 59) 鈴木由美, 藤井浩美: 片麻痺者のリーチ動作における体幹と上肢の協調性の回復過程,第20回山形県作業療法学会(酒田市),2012.5.
  • 58) 仁藤充洋, 佐々木俊二, 鈴木由美, 藤井浩美: 視覚の有無が摂食動作速度に与える影響,第20回山形県作業療法学会(酒田市),2012.5.
  • 57) 西山小織, 千葉登, 藤倉美雪, 藤井浩美, 福田恵美子:定型発達乳幼児の到達運動における前腕と手関節肢位の相違, 第45回日本作業療法学会(さいたま市), 2011.6.
  • 56) 仁藤充洋, 中居真紀子, 佐藤寿晃, 平山和美, 藤井浩美: スプーンおよび箸による摂取中の視線と上肢動作の関連, 第45回日本作業療法学会, 2011.6.
  • 55) 八鍬秀美 , 藤井浩美, 佐藤寿晃,福田恵美子:描画課題における体幹と上肢の協調運動の関係,第45回日本作業療法学会(さいたま市), 2011. 6.
  • 54) 藤倉美雪 ,藤井浩美, 加福隆樹, 木村陽子,福田恵美子:脳血管障害片麻痺者の一点杖使用による立ち上がり動作の指導法,第45回日本作業療法学会, 2011.6.
  • 53) 鈴木由美, 藤井浩美, 佐藤寿晃, 福田恵美子:同名半盲者における線引き中の視線と手部動作の特徴,第45回日本作業療法学会(さいたま市),  2011.6.
  • 52) 鈴木由美, 佐々木俊二, 福田恵美子, 藤井浩美:健常成人における摂食動作中の眼と手の協応,第21回東北作業療法学会(秋田市),  2010.9.
  • 51) 井上竜介, 平山和美, 藤井浩美, 仁藤充洋:オトガイ隆起間距離のビデオ記録による測定の精度,第21回東北作業療法学会(秋田市), 2010. 9.
  • 50) 八鍬秀美, 藤井浩美, 佐藤寿晃, 鈴木由美,藤倉美雪,西山小織,仁藤充洋,井上竜介,福田恵美子:体幹と上肢の協調運動の発達(秋田市),第21回東北作業療法学会, 2010.9.
  • 49) 仁藤充洋, 八鍬秀美, 井上竜介, 佐々木俊二,鈴木由美,藤井浩美:摂食動作における開口潜時と臨界視点の比較,第21回東北作業療法学会(秋田市), 2010. 9. 
  • 48) 藤倉美雪, 藤井浩美, 加福隆樹, 木村陽子, 福田恵美子:膝関節屈曲角度の違いによる立ち上がり動作への影響,第44回日本作業療法学会(仙台市), 2010. 6.
  • 47) 泉田康志, 藤嶋聖子, 藤倉美雪, 加福隆樹, 藤井浩美:膝関節屈曲角度の違いによる立ち上がり動作への影響, 第44回日本作業療法学会(仙台市),  2010.  6.
  • 46) 西山小織, 藤倉美雪 , 藤井浩美, 福田恵美子:定型発達乳幼児の到達運動における矢状面と水平面画像の手部運動軌跡の比較, 第44回日本作業療法学会(仙台市),  2010. 6.
  • 45) 鈴木由美 , 藤井浩美, 福田恵美子:片麻痺患者の着衣動作時における視線の特性、第44回日本作業療法学会(仙台市), 2010. 6. 
  • 44) 鈴木由美, 井上健,佐藤良純,林雅弘,藤井浩美:頸部脊髄症患者における手指筋力の経時的推移, 第18回山形県作業療法学会(山形市), 2010. 5.
  • 43) Yumi Suzuki, Hiromi Fujii, Toshiaki Sato, Emiko Fukuda: Relations between the visual axis and dressing motions in people with hemiplegia, 15th International Congress of the World Federation of Occupational Therapists (Santiago). 2010.5.
  • 42) 佐々木俊二,鈴木由美,藤井浩美:摂食動作時の頸部・体幹運動が臨界視点距離に影響を与えるか?,第20回東北作業療法学会(青森市). 2009. 9.
  • 41) 藤嶋聖子, 泉田康志, 藤倉美雪, 藤井浩美: 片麻痺者の一点杖歩行における麻痺側下肢能力の要因に関する検討, 第43回日本作業療法学会(郡山市). 2009. 6.
  • 40) 西山小織, 福田恵美子, 藤井浩美, 藤倉美雪: 健常乳幼児のリーチの発達に関する研究-体幹と上肢の運動における月齢別の特徴-, 第43回日本作業療法学会(郡山市). 2009. 6.
  • 39) 泉田康志, 藤嶋聖子, 藤倉美雪, 加福隆樹, 藤井浩美: 膝関節屈曲角度の違いによる立ち上がり動作の特徴, 第43回日本作業療法学会(郡山市). 2009. 6.
  • 38) 佐藤良純, 鈴木由美, 井上健, 林雅弘, 藤井浩美: 頚髄症患者のペットボトル開封に関わる手指の感覚運動機能, 第43回日本作業療法学会(郡山市). 2009. 6.
  • 37) 藤倉美雪, 藤井浩美, 加福隆樹, 福田恵美子: 片麻痺者の立ち上がり動作時における杖の位置の調査, 第43回日本作業療法学会(郡山市). 2009. 6.
  • 36) 鈴木由美, 藤井浩美, 福田恵美子, 二唐東朔:摂食動作時における臨界視点前後の動作速度調整, 第43回日本作業療法学会(郡山市). 2009. 9.
  • 35) Yumi SUZUKI, Hiromi FUJI, Tosaku NIKARA: Many other attentions besides the visual attention are evoked within the duration of visual axis kept on the object, The 36th International Congress of Physiological Science (Kyoto). 2009. 7.
  • 34) 成田亜矢,鈴木克彦,藤田貴昭,外川佑,長沼誠,佐藤寿晃,藤井浩美,荻野利彦、内藤輝:ヒト手根屈筋群の作用-神経筋電気刺激を用いた解析-,第111回日本解剖学会(岡山市).2009. 3.
  • 33) 藤田貴昭,鈴木克彦,佐藤寿晃,藤井浩美,内藤 輝:筋電図平均加算法を用いたヒト上腕二頭筋から円回内筋への抑制の解析.第42回日本作業療法学会(長崎市). 2008. 6.
  • 32) 外川 佑,藤田貴昭,鈴木克彦,藤井浩美,内藤 輝:前腕肢位による手関節最大力の変化:左右の比較.第42回日本作業療法学会(長崎市). 2008. 6.
  • 31) 鈴木由美,藤井浩美,佐々木俊二,佐藤寿晃,福田恵美子:健常者の摂食動作に占める追視時間の割合.第42回日本作業療法学会(長崎市). 2008. 6.
  • 30) 佐々木俊二,鈴木由美,佐藤寿晃,二唐東朔,藤井浩美:摂食動作時の食物量から見た臨界視点の特性.第42回日本作業療法学会(長崎市). 2008. 6.
  • 29) 加福隆樹,二唐東朔,藤倉美雪,木村陽子,藤井浩美:下肢開脚度の違いによる立ち易さの筋電図学的解析.第42回日本作業療法学会(長崎市). 2008. 6.
  • 28) 藤嶋聖子,泉田志,藤倉美雪,二唐東朔,藤井浩美:片麻痺者における杖歩行時の杖と両下肢の荷重量.第42回日本作業療法学会(長崎市). 2008. 6.
  • 27) 泉田志,藤嶋聖子,加福隆樹,二唐東朔,藤井浩美:立ち上がり動作中の足底部荷重位置の違いが立ち上がり動作に及ぼす影響.第42回日本作業療法学会(長崎市). 2008. 6.
  • 26) 鈴木由美,井上健,佐藤良純,林雅弘,藤井浩美,福田恵美子:頸部脊髄症患者における術前・術後の指腹つまみ力と握力.第16回山形県作業療法学会(山形市). 2008. 5.
  • 25) 鈴木克彦,成田亜矢,佐藤寿晃,長沼誠,外川佑,藤田貴昭,藤井浩美,内藤輝:ヒト手根屈筋群の活動に関する機能解剖学的研究-神経筋電気刺激を用いた解析-,第24回随意運動の調節機構とその病態生理研究会(仙台市).2008. 9.
  • 24) 鈴木克彦,寒河江正明,外川佑,藤田貴昭,長沼誠,佐藤寿晃,成田亜矢,仲野春樹,藤井浩美,内藤輝: An electrical neuromuscular stimulation (ENS) study of action of human wrist extensors, 第38回日本臨床神経生理学会(神戸市).2008.11.
  • 23) 成田亜矢,佐藤寿晃,鈴木克彦,長沼誠,藤田貴昭,外川佑,藤井浩美,内藤輝: An electrical neuromuscular stimulation (ENS) study of action of human wrist flexors, 第38回日本臨床神経生理学会(神戸市).2008. 11.
  • 22) 藤田貴昭,外川佑,寒河江正明,藤井浩美,内藤輝: 手関節の力の大きさと方向自動測定表示記録装置の開発.第41回日本作業療法学会(鹿児島市). 2007. 6.
  • 21) 外川 佑,藤田貴昭,鈴木克彦,藤井浩美,内藤輝: 手関節最大力の前腕肢位による変化.第41回日本作業療法学会(鹿児島市). 2007. 6.
  • 20) 鈴木由美,藤井浩美,齋藤博美,福田恵美子:食事動作時における臨界視点の状況-使用する手・食物の違いの分析から-.第41回日本作業療法学会(鹿児島市). 2007.6.
  • 19) 加福隆樹,木村陽子,石井幸美,福田恵美子,藤井浩美:下肢開脚度の違いによる立ち上がり動作の解析.第41回日本作業療法学会(鹿児島市). 2007. 6.
  • 18) M Naganuma, T Sotokawa, T Fujita, T Sato, H Fujii, H Nakano, M Sagae, K Suzuki, H Miyai, T Akiyama, A Naito: Change of range of human wrist motion by changing positions of the forearm. 第53回日本解剖学会第53回東北・北海道連合支部学術集会(札幌市). 2007. 9.
  • 17) T Fujita, T Sotokawa, K Suzuki, T Sato, M Naganuma, H Nakano, M Sagae, A Nrarita, H Fujii, K Kato, A Naito: Presentation of a measuring monitoring and recording device of direction and strength of human wrist-force. 第53回日本解剖学会第53回東北・北海道連合支部学術集会(札幌市). 2007. 9.
  • 16) T Sotokawa, T Fujita, M Naganuma, T Sato, K Suzuki, M Sagae, H Nakano, A Nrarita, H Fujii, K Kato, A Naito: Changes of the wrist force by changing positions of the forearm. 第53回日本解剖学会第53回東北・北海道連合支部学術集会(札幌市). 2007. 9.
  • 15) K Suzuki, T Fujita, T Sotokawa, T Sato, H Fujii,  H Nakano, M Naganuma, M Sagae, T Miyasaka, A Naito: Inhibition between the biceps brachii and brachioradialis in humans: a study with an electromyogram-averaging method. 第53回日本解剖学会第53回東北・北海道連合支部学術集会(札幌市). 2007. 9.
  • 14) 鈴木克彦,藤田貴昭,外川佑,長沼誠,佐藤寿晃,藤井浩美,仲野春樹,成田亜矢,宮坂卓治,進藤政臣,内藤輝:ヒト尺骨神経支配の手内筋から橈側手根伸筋への促通:筋電図平均加算法を用いた解析.第37回日本臨床神経生理学会学術大会(宇都宮市). 2007. 9.
  • 13) 藤田貴昭,鈴木克彦,外川佑,長沼誠,佐藤寿晃,仲野春樹,成田亜矢,宮坂卓治,藤井浩美,内藤輝:ヒト上腕二頭筋から円回内筋への抑制-筋電図平均加算法を用いた解析.第37回日本臨床神経生理学会学術大会(宇都宮市). 2007. 11.
  • 12) 外川佑,藤田貴昭,佐藤寿晃,藤井浩美,鈴木克彦,長沼誠,仲野春樹,成田亜矢,寒河江正明,加藤勝彦,内藤輝:手首の力の前腕肢位による変化.第23回随意運動の調節機構とその病態生理研究会(横浜市). 2007. 12.
  • 11) 寒河江正明,鈴木克彦,藤田貴昭,外川佑,仲野春樹,長沼誠,佐藤寿晃,藤井浩美,内藤輝.ヒト手根伸筋群の活動に関する機能解剖学的検討:神経筋電気刺激を用いた解析. 第 112回日本解剖学会学術集会(大阪市)2007.3.
  • 10) 長沼誠,外川佑,藤田貴昭,佐藤寿晃,藤井浩美,仲野春樹,寒河江正明,鈴木克彦,内藤輝.神経筋電気刺激とデジタル動画・波形実時間同期収録装置を用いた手根伸筋群の作用の解析.第 42回日本理学療法学術大会(新潟市)2007.5.
  • 9) 鈴木克彦,外川佑,藤田貴昭,佐藤寿晃,藤井浩美,長沼誠,仲野春樹,寒河江正明,内藤輝.ヒト上腕二頭筋から腕橈骨筋への抑制:筋電図平均加算法を用いた解析.第 42回日本理学療法学術大会(新潟市)2007.5.
  • 8) 佐藤寿晃,藤井浩美,外川佑,藤田貴昭,鈴木克彦,松田友美,長沼誠,寒河江正明,仲野春樹,内藤輝,渡辺皓:デジタル動画・波形実時間同期収録装置を用いて行った寝返り動作の記録.第5回コ・メディカル形態機能学会学術集会(山形市). 2006. 9.
  • 7) 寒河江正明, 鈴木克彦, 藤田貴昭, 外川佑, 仲野春樹, 長沼誠, 佐藤寿晃、藤井浩美、内藤輝: ヒト手根伸筋群の活動に関する機能解剖学的検討:神経筋電気刺激を用いた解析, 第112回日本解剖学会全国学術集会(大阪市), 2007. 3.
  • 6) 寒河江正明, 仲野春樹, 鈴木克彦, 長沼誠, 内藤輝, 外川佑, 藤田貴昭、佐藤寿晃、藤井浩美: 神経筋電気刺激法を用いた手根伸筋群の作用の解析, 第23回山形電気生理研究会(山形市), 2006.  11.
  • 5) 鈴木克彦, 長沼誠, 内藤輝, 外川佑, 藤田貴昭, 佐藤寿晃, 藤井浩美、寒河江正明、仲野春樹、加藤勝彦: デジタル動画・波形実時間同期収録装置The Teraviewの紹介, 第23回山形電気生理研究会(山形市), 2006. 11. 
  • 4) 鈴木由美, 藤井浩美, 福田恵美子, 佐竹真次, 齋藤博美: 摂食動作時の矢状面における臨界視点, 第17回東北作業療法学会(山形市), 2006. 9.
  • 3) Katsuhiko Suzuki, Masaaki Sagae, Hiromi Fujii, Toshiaki Sato, Haruki Nakano, Tasuku Sotokawa, Takaaki Fujita, Makoto Naganuma, Katsuhiko Kato, Akira Naito: The Teraview: A recording system of motion pictures and electrical signals. 日本解剖学会 第52回東北・北海道連合支部学術集会(秋田市), 2006. 9.
  • 2)佐藤寿晃,藤井浩美,鈴木克彦,小川恵一鍋谷亮平,外川 祐,藤田貴昭,佐々木裕子,仲野春樹,寒河江正明,内藤輝: Inhibition from the brachioradialis to triceps brachii motoneurons in human.第111回日本解剖学会学術集会(相模原市), 2006. 3.
  • 1) 鈴木由美, 藤井浩美, 佐竹真次, 佐藤一彦, 福田恵美子:着衣課題達成の有無における固視点分布の相違.第16回東北作業療法学会(大館市),2005. 10.

トップへ戻る

作業療法学分野大学院生 在籍者6名、修了者29名 

13. 桑原英生、坂本和貴、鍋谷梨恵、由利拓真(M1)

12. 川勝祐貴、佐野祐貴子(M2)

11. 椿野幸子:2016年(平成28年)3月修了

10. 金子隆生、佐藤孝史:2015年(平成27年)3月修了

9. 木内真美子、志村ななみ、鈴木温子、高橋由衣、平清水明子: 2014年(平成26年)3月修了

8. 貴田忍、鍋谷亮平: 2013年(平成25年)3月修了

7. 井上香、井上竜介、中居真紀子、仁藤充洋: 2012年(平成24年)3月修了

6. 八鍬秀美: 2011年(平成23年)3月修了

5. 木村陽子、佐々木俊二、藤倉美雪: 2010年(平成22年)3月修了

4. 泉田康志、西山小織、藤嶋聖子: 2009年(平成21年)3月修了

3. 佐藤健一、外川 佑、藤田貴昭: 2008年(平成20年)3月修了

2. 加福隆樹、齊藤博美 2007年: (平成19年)3月修了

1. 慶徳民夫、佐藤一彦、鈴木由美: 2006年(平成18年)3月修了

 作業療法学分野歴代大学院生修士論文テーマ並びに指導教員

トップへ戻る

  学科長あいさつへ