学科・学部

パーソナルツール
ホーム > 学科・学部 > 看護学科 > 学科長あいさつ

学科長あいさつ

 

 

遠藤教授

 

看護学科長 遠藤 恵子

 

 
 
  本学看護学科は、4年間の学部教育で「看護師・保健師教育」又は「看護師・助産師教育」の必ずどちらかを選択するという、ユニークなカリキュラムを組んでいます。保健師と助産師の役割を理解したうえで、2年生の終わりに「看護師・保健師教育」又は「看護師・助産師教育」を選択します。看護師だけでなく同時に保健師や助産師の役割や専門性を学ぶことは、卒業後看護師として働くうえでも、視野が広がり、チーム医療に必要な能力を高めることができます。卒業生は、看護師、保健師、助産師として山形県内はもちろん全国各地、また海外で活躍しています。卒業後も向上意欲をもち研鑚を重ね、それぞれの職場で高い評価を受けています。
   また、国際的視野の重要性も強く認識しており、米国でも高い看護学教育水準を誇るコロラド大学看護学部との交流を進めています。昨年度は3年生 16人が参加し、1週間充実した研修を受け、アメリカの看護を学ぶとともに、今まで気づかなかった日本の医療看護の優れた点を認識することができました。
   平成26年度、文部科学省の高度医療人材養成プログラム「山形発・地元ナース養成プログラム」の選定を受けました。これは、医療資源や公共交通機関が少ない地方で生活する住民が頼りとする「地元ナース」を養成するものです。地元の強みと弱みを包括的に捉え、多職種連携と住民力を活かしながら地元の医療福祉に貢献する内容を強化した学部教育、県内の小規模病院等に勤務する現役の看護師を対象とした研修会開催、大学教員と小規模病院との人事交流、小規模病院の看護師を対象とした研究指導等を行っています。取り組みと成果を全国に発信し、超高齢化、過疎化といった現在の問題に直面する地域住民の健康と地域住民の健康と生活の質の向上にむけた「地元ナース」の普及をめざしています。
   大学院である研究科看護学分野では、研究コースの他、複雑な健康問題を持つ対象者に卓越したケアの提供とケアシステムの改善する能力をもつ母性看護専門看護師および老年看護専門看護師を養成しています。
   平成29年4月、1年生63人、3年次編入学生1人、博士前期課程4人、博士後期課程2人を迎えました。
 看護学に関心をもち、看護を志す貴方を本学は応援します。本学保健医療学部看護学科・大学院保健医療学研究科看護学分野で学び、自分の夢を実現してみませんか。