入試案内

パーソナルツール
ホーム > 入試案内 > ポータルページ > 出願資格・選抜区分等(博士後期課程)

出願資格・選抜区分等(博士後期課程)

1 一般選抜

出願できる者は、次の各号のいずれかに該当するものとします。なお、(1)から(5)までについては、平成31年3月末までにこれに該当することとなる者も含みます。
(1) 修士の学位又は専門職学位(学校教育法第104条第1項の規定に基づき学位規則(昭和28年文部省令第9号)第5条の2に規定する専門職学位をいう。)を有する者
(2) 外国において修士の学位又は専門職学位に相当する学位を授与された者
(3) 外国の学校が行う通信教育における授業科目を日本国において履修し、修士の学位又は専門職学位に相当する学位を授与された者
(4) 日本国において、外国の大学院の課程を有するものとして当該外国の学校教育制度において位置付けられた教育施設であって、文部科学大臣が別に指定するものの当該課程を修了し、修士の学位又は専門職学位に相当する学位を授与された者
(5) 国際連合大学の課程を修了し、修士の学位に相当する学位を授与された者
(6) 外国の学校、上記(4)の指定を受けた教育施設又は国際連合大学の教育課程を履修し、大学院設置基準第16条の2に規定する試験及び審査に相当するものに合格し、又は平成31年3月末までに合格する見込みで、修士の学位を有する者と同等以上の学力があると認められた者
(7) 文部科学大臣の指定した者(平成元年文部省告示第118号)
 ① 大学を卒業し、大学、研究所等において、2年以上研究に従事した者又は平成31年3月末までに2年以上研究に従事する見込みの者で、本学大学院において、当該研究の成果等により、修士の学位を有する者と同等以上の学力があると認めた者
 ② 外国において学校教育における16年の課程を修了した後、又は外国の学校が行う通信教育における授業科目を日本国において履修することにより当該外国の学校教育における16年の課程を修了した後、大学、研究所等において、2年以上研究に従事した者又は平成31年3月末までに2年以上研究に従事する見込みの者で、本学大学院において、当該研究の成果等により、修士の学位を有する者と同等以上の学力があると認めた者
(8) 本学大学院において、個別の入学資格審査により、修士の学位又は専門職学位を有する者と同等以上の学力があると認めた者で、24歳に達したもの又は平成31年3月末までに24歳に達する見込みのもの

(注)出願資格(7)又は(8)により出願を希望する者は、出願前に出願資格審査を受けてください(「Ⅴ 出願資格審査」を参照のこと)。

2 社会人特別選抜

 「社会人特別選抜」に出願できる者は、一般選抜の出願資格の条件を満たし、かつ、次の基準を満たすものとします。
(1) 看護学分野においては看護師、保健師又は助産師の免許を有すること。
理学療法学分野においては理学療法士、作業療法学分野においては作業療法士の免許を有すること。
(2) 入学時において、国家資格者として3年以上※の実務経験を有していること。
 ※1 国家試験受験後の合格見込みによる採用期間等は実務経験の期間に含みます。
 ※2 連続した期間でなくとも、通算で3年以上働いていれば可とします。
 ※3 判断が困難な場合は個別に検討します。

3 選抜区分

各分野にわたり、「一般選抜」と「社会人特別選抜」を行います。ただし、出願できるのはいずれか一方であり、出願後に選抜区分を変更することはできません。