入試案内

パーソナルツール
ホーム > 入試案内 > アドミッション・ポリシー

アドミッション・ポリシー

公立大学法人山形県立保健医療大学入学者 受け入れ方針

公立大学法人山形県立保健医療大学では「幅広い教養と豊かな知識と技術を持ち、専門職としての理念に基づき行動できる人材を育成する」ことを目的として、次の教育目標を掲げ、看護師、保健師、助産師、理学療法士、作業療法士の国家資格取得につながる教育を行っています。

教育目標

  • 社会や人間の尊厳を理解し、人々と共感し適切に対応できる人間性豊かな人材の育成
  • 科学的知識に裏付けられた高度な専門的技術と倫理的判断力を有する人材の育成
  • 多様な保健医療専門職の役割を理解し、チーム医療に必要な諸能力を備え、実践できる人材の育成
  • 絶えざる向上意欲と自ら研究する姿勢を身につけ、課題の究明に創造的に取り組む人材の育成
  • 国際的視野を持ち活躍できる人材の育成
  • 地域の保健医療の水準の向上に貢献できる人材の育成

 

以上の目標から、本学では次のような項目について優れた人を求めています。

● 看護学科

1. 高校時代に基本とされる教科について幅広い知識を備えていること
2. 論理的に思考し判断ができること
3. 他者を尊重し、喜びや痛みを分かちあうことができること
4. 生涯にわたって専門職に必要な科学的知識・技術の習得に意欲のあること
5. 社会と倫理に関心をもち、専門職を通して社会に貢献する意欲のあること
6. 他者とコミュニケーションをとり、よい人間関係をつくる力を備えていること
7. 自ら問題を発見し解決しようとする意欲のあること


● 理学療法学科

1. 高校時代に基本とされる教科について幅広い知識を備えていること
2. 論理的に思考し判断ができること
3. 他者を尊重し、喜びや痛みを分かちあうことができること
4. 生涯にわたって専門職に必要な科学的知識・技術の習得に意欲のあること
5. 社会と倫理に関心をもち、専門職を通して社会に貢献する意欲のあること
6. 人の身体構造や運動機能に関心をもち、理学療法を科学的に追求する意欲のあること
7. 身体の障がいから生じる健康上・生活上の課題解決に取り組む意欲のあること

● 作業療法学科

1.高校時代に基本とされる教科について幅広い知識を備えていること
2. 論理的に思考し判断ができること
3.他者を尊重し、喜びや痛みを分かちあうことができること
4. 生涯にわたって専門職に必要な科学的知識・技術の習得に意欲のあること
5. 社会と倫理に関心をもち、専門職を通して社会に貢献する意欲のあること
6.他者を支援するに足るだけの自己管理能力と常識、コミュニケーション能力等を備えていること

  編入学生には上記に加え、専門領域に関する優れた基礎学力を有し、学習習慣が確立している人を求めます。